カルマに振り回されないのが悟り。振り回されるのが迷い。


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は7月10日(火)です。

 

Q. 佐藤康行の言葉はエネルギーですというお話がありますが、それは、認識のエネルギーではなく、実相のエネルギーなのでしょうか?

 

A. 真我のエネルギー。

 

Q. 真我のエネルギーですね。佐藤先生の音声を聞き続けることは、真我のエネルギーを浴びてると思うんですが、神成瞑想や、真我瞑想と同じ効果があるのでしょうか?

 

A. 同等。

 

Q.同等とは?

 

A. 同じではないから。言葉か、視点かによって違う。

 

Q. 言葉か、視点によって違う。

受身的に音声を聞くのと、能動的に瞑想するのとでは、違うのですか?

 

A. 違うというより、魂に届かせるということ。手法が違っても。

 

Q. 手法の違いだけですか?

 

A. そうね。

 

Q. 佐藤先生の編み出したワークシートは、千種類以上あると。

ワークに取り組んでいるうちに、真我のエネルギーに変化していくのでしょうか?

 

A. すべてが、真我から出た知恵であり、真我から出たアイデアだから。

 

Q. ワークシートがですよね。取り組むことで、真我のエネルギーになっていく?

 

A. そういうことです。

 

Q.小聖は山で悟り、大聖は街で悟るという言葉がありますが、真我をベースにして、神の認識で、三次元に対応するということでしょうか。

 

A.そうね。

 

Q.真我で対応出来ているかを確かめるのは、相手の方の様子なのでしょうか?

 

A.あの、人間の苦しめられている大半は、大自然に苦しめられているのではなく、カルマに苦しめられている。

自分や、周りの人の。

 

苦しめられている、どこに対処しないで、他のところやっても、あんまり、意味が薄いというか。

 

Q.そうですね。カルマに対処するのが、神意識でいくってことなんでしょうか?

 

A.そうじゃない。対処するんじゃなくて、それをきっかけにして、それを相手にしない。

 

それをきっかけにして、三日月を相手にしない。

 

満月だけしか、相手にしない。

 

真我しかないから。光しかないから。

 

闇があることによって、光が活きてくるでしょ。

 

闇をきっかけにして、光が出てくることによって、闇が消える。

 

Q.小聖は山で悟り、大聖は街で悟る、ということと同じなのでしょうか。

 

A.そういうものに振り回されない。

 

振り回されないことが、悟り。

 

振り回されている人が、迷い。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。