一億年前の闇も、昨日できた闇も光を当てたら消える?

  • 2015年07月06日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.視点を変えるだけで、その対象が相手になるのですか?

 

A. そういう視点を変えるだけで、勝手に変わっていく。今現時点では、私はそのように認識している。

 

Q.地球の根本原因が変わる、真理に目覚めるのに、人数は関係ないというお話も。

 

A. 例えば、ガンを治す特効薬を見つけるのに、人数関係ないじゃないですか。

一人だとか百人だとか関係ないじゃないですか。そのガンを撲滅させれることが大事であって。

そこに人数を加えるのは、ちょっと違うんです。真理は人数と関係ないんです。

 

Q.とても重いお悩みを抱えてきた方を神鏡したときに、それより軽いお悩みの方も自動的に変化することはありますか?

 

A. 軽いも重いもないんです。一億年前の闇も、昨日できた闇も、光を当てたら消えるんです。

 

Q.光を当てるの部分は、私たちが関与するものではないんですか?

 

A. 知ろうとするのは自由だし、何か私を邪魔するものでもないし。それは自由なんじゃないですか。

 

Q.受講生の方も雨後たけのこのように、発信者側にまわっていらっしゃいますが。

 

A. 私のいう「雨後たけのこ」の話は、真我に覚醒していったときに、自然に動かされる世界なんです。

自然に動かされる世界のようにやっていく。それを、そのまま邪魔しないで、それを協力してあげる。

それが、私のいう「雨後たけのこ」。その人の心の中の働きなの。そういうふうに思ったら、それをやりましょって。

私は上から何かをやってくださいとか、命令はないわけ。自然に自分が動かされるままに、という感じなんです。

全部、雨後たけのこなんですよ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。