一番大事な本能に欠けるのはなぜか?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は5月14日㈰です!

 

Q.新しい命が生まれるわけではなく、生れてもなく、死んでもいないとなると、身ごもるとはなんでしょう?

 

A. ひとつは、永遠の命を、人間の本能の中で、神に近づくという本能があるわけ。神に近づく。

 

神っていうのは、神の命というのは、死なない命なわけ。

 

永遠にずーと死なないわけです。それが神の命。

 

人間は死ぬでしょ。死ぬけど、永遠に残していたいという。それが子孫なわけです。

自分が死んだあとも、子どもとして残る、孫として残る。

 

もっというなら、原始時代から人類創生から、ずーと子孫を残して、今の今まで生きてる。

 

かなり永遠に近いでしょ。だから、ずーと生きてるじゃない。

 

Q.人間心として、子孫をもちたくないっていうのは、異常なんでしょうか?

 

A. そうだね。

 

Q.あ~。

 

A. それは、一番大事な本能に欠けているということだね。

 

Q.なぜ欠けるんでしょうか?

 

A. それは、自分のこと、嫌いだからじゃない?

 

Q.その通りですね。

 

A. 自分が嫌いだから、自分を消したい気持ちがあるから、残したくないんじゃない?

 

Q.そうですね。以前よりは随分自分のこと受け入れられるなりましたが、子孫を残したいっていうのはないですね。

 

A. それは、人間の三日月の発想。満月だと絶対残したいという発想。

だって、死にたくないから、ご飯食べるでしょ。

 

Q.確かにそうですね。

 

A. それと同じなの。

 

Q.それと同じなんですね。

 

A. ご飯食べるのと、同じなの。

 

Q.なるほど。大事な部分が欠けているんですね。

 

A. そうね。ご飯食べなきゃ死ぬじゃない。

 

子孫残さなきゃ死ぬわけです。

 

自分の代で死んじゃうわけです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。