人生百年時代の逆をいく、光になると若返る法則


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は11月29日㈬です。

 

Q2.佐藤先生のいくところまでいく、ということについて質問です。

光の世界のセミナーで、一度野澤さんも希死念慮が消えて。(橘)
A. 私は、それだけの費用を払ってくれて参加してれた方には、

やっぱり後悔させないように、私から出る何かが変わるんでしょうね。

 

ちょっとぐらいの悩みでくる人と、来月ガンで死ぬんだっていう思いで来る人と、違うじゃない。

 

やっぱり、それだけ真剣に来る人は、効果出るじゃない。

 

私は、家を売っても、本当の真理に目覚めたいって言ったら、それぐらいの覚悟で来たら、よし、分かったって。

やってやろうじゃないと思うわけ。

 

値段以上の価値を必ず返すと。

 

プロ的に変わるわけ。そういうことです。

 

金額決まるものじゃないから。

 

Q2.人生百年時代っていうキーワードがありまして、

人生を百年は生きるという前提で、人生を考えていかなければならないという。

 

A. 反対の道、通ればいい。

私は反対の道、通っている。

 

若返っていくということです。

 

年取っていくのの反対をいくんです。

 

私は、右半身は26歳、左半身は43歳。血管年齢が。

血液検査の結果も百点満点。

 

倒れる前は、血液はドロドロで、血圧は百八十くらいで、なのに、今は、まったく違うわけ。

血液もサラサラだし。逆なわけ。

 

話していても、覇気に満ちているでしょ。

 

そういうことです。どんどん若返っている。

逆をいっている。

 

Q2.私や野澤さんが逆をいくには、満月の前提ですか?

 

A. 満月の前提にすれば、自由自在になれる。

 

もっとも良き、自由自在なわけ。

 

このDNAも変わってくるわけ。スイッチオン。

 

Q2.血管年齢は、真我と食事の割合でいうと、どれくらいになりますか?

 

A. 食べ物は、どんなものを食べても光になる。

愛と感謝で食べれば、光になる。

 

光になるイコール若返ってくる。

 

Q2.食べ物と満月で神ているから、佐藤先生は若返っている?

 

A. そうです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。