佐藤康行 神の命との対話Ⅱ ⑰ 全部生涯真我にかける?

  • 2016年01月24日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.先生、そこで、ひとつ、これをどうしても伺いたいのですが。

 

A.どうぞ。

 

Q.私は真我というものを、未来内観も、宇宙無限力もやりましたし、

サンタも受けさせていただきましたし、入院の間、約二か月ちょっとありましたけど、

先生の本を読まさせていただきましたし、講演での肉声などお聞きしましたら、

 

先ほども申したように、どうやってそれを実践したらいいのか。

真我を。それがどうしても。

 

A.おととい、大阪で、ガンが消えた人が二人来ていましたよ。

 

ひとりは女性で、乳がんで、きれいに消えていました。

 

徹底的に真我一本にしてやっていることが共通している。

 

Q.はい。

 

A.うつもあるようなので、心が相当ショック受けてしまうもの、もっていらっしゃる。

 

Q.はい。

 

A.それが細胞に影響を与えてもおかしくないですよね。

 

真我を極めればいいんです。

 

全部、生涯真我にかける。

 

もちろん、病院は普通通り行っていいんですよ。

 

普通通り行っていいんですけど、チャンスと思って、すべてをかけてやる。

 

私に相談した以上はそういうことです。

 

もっと言うなら、うつ病のけがあった。

ここは、心のクリニックでしょ。

 

うつ病が大変な確率で、寛解していっているわけです。

 

ということは、もしかしたら、うつ病になるような心持ち。

離婚という大きなショックがある。

お父さんのお金に対する不安がある。

 

それが、普通の人よりも、はるかに衝撃が大きかった可能性がありますよね。

 

傷口に、普通の人だったら触っても痛がらないところを、ちょっと触ると、いて~となるみたいなものですよ。

だから、そういう心でいろいろなことが続けてあって、ショックを受けて。

 

お金送らなくてもいいって言って。

送る、送らないって自分でね。

 

でも、本当は、それでショック受けることじゃないんです。

 

もしかしたら、病気の状況を知った上で予知して言っているかもしれない。

 

そういうことありますよ。だから、それも含めた向こうの好意という、そういう性質なのかもしれない。

 

だから、それは、甘んじて受ければいいんです。

 

それでも、そうしても自分を許せなかったら、お金送ることも。

 

拒否されるのは向こうの世界だから。

 

まず、こっちの心を納得させることです。

 

Q.はい。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。