佐藤康行のやっていることは「通訳いらずの、神から観た」?

  • 2015年07月13日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

A. 一言で、佐藤康行のやっていることを言えといったら、「通訳いらず」です。

 

Q.通訳いらず。

 

A. 全部、先人の方の残してあるものは通訳なんです。その奥が観えるから、通訳はいらないわけ。

 

Q.でも、残しているものがあるということは「観た」と思うわけですね。

 

A. それはそれでいいんじゃないですか。

 

Q.では、先ほどの「通訳いらず」のお話を聞かせてください。

 

A. 例えば、そこに書いていることを、神から観させたときに、この文章変わると思うんです。

神からこの文章を捉えたときに。この文章は、変わってくると思う。神から観てくださいっていいたら、この文章そのものが変わってくる。

 

Q.私自身が、この書いてあるものを、「神から観た」で観ると変わるということですか?

 

A. いや、今は佐藤康行です。これを神から解説できる人は、たぶんいないと思います。

 

Q.普段は、神から観るときと、人間として見るときと、スイッチ変えていらっしゃるんですか。

 

A. スイッチもいらないね。それ、景色みたいなものでね。景色を見て、どうですかって聞かれているようなもの。

だから、準備もいらないし、相手から景色を見せられて、どうですかと。

そのときに、一般の方が見る景色の評価と、ピカソのような天才が見る景色は違って捉えらるでしょ。

 

Q.それでいて、佐藤康行は通訳いらずなんだから。通訳いらずと、通訳あるところの違いは何でしょう?

 

A. 例えばね、このクリニックでうつ病の方を診ていますが。うつ病になったり、統合失調症になったりするのは、その人の何かのメッセージなんです。

で、実は、それは何かを言っているメッセージなんだけど、例えば、親に対して、こういう文句を言っている姿がうつ病だったりするわけ。

一つは、うつ病になった原因がわかってあげれば、それで癒されてくるわけ。自分をわかってもらえるから。

なお且つ、その奥にある真我をわかってあげたとき、その親のお陰でこうなったっていうのも消えちゃう。起きていることは全部通訳なんです。

ガンも通訳なわけです。何かを物語っている、その人の本心の通訳なわけです。その奥にある本当のことをわかってあげれば、通訳はいらなくなるわけ。

ガンになる必要も、うつ病になる必要もないわけ。それは何かを一生懸命メッセージ送っている。私はこうだ、こうだっていってる。

それをわかってあげたら、それはいらないから、自動的に解決していく。何かに、どっか寝てる間に、ぶつかったよっていうメッセージ。

そのときに、寝てるからわからなくてもアザがあるわけ。そのときに、壁にぶつかったよとか、柱にぶつかったよとか、このアザが物語っているわけ。このメッセージ、教えているわけ。

 

Q.その人の本心が、わかって欲しい、愛して欲しいという本心があって、いろいろな病気になったりして、私もそうなんですが通訳があったと。

 

A. 全部通訳。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。