地球全部の問題を解決することで、野澤さんの問題もなくなる(野澤さん㉗)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は4月5日㈬です!

 

Q.2 今日、野澤さんがそれを知らせに来てくれているということがわかって。

 

A. だから、あのときの、地震と津波と原発と風評被害の役をかって出ているわけです、私に。

 

福島の出来事が私の先生。

 

野澤さんはそれを知らせるために来た。

 

地震と津波の代わりに来てくれているわけ。

 

Q.2 佐藤先生に、それを受け止めてもらったということで、野澤さんに変化は?

 

A. それは、こうだ、と決めつけないほうがいい。

 

Q.2 野澤さんは、佐藤先生にわかってくれ、わかってくれ、ということで来ていたのでしょうか?

 

A. 来ていたというよりも、来させられていたと。操り人形のように。

 

Q.2 野澤さんは他の勉強会でもあまり出せていないように見えて、佐藤先生とのマンツーマンじゃないと出せないような感じがするんですが。

 

A. ここに闇があるじゃないですか。

ここに明かりをつけて明るくなる方法と、全部窓や天井を取っ払って明るくなる方法もある。

 

野澤さんは、後者の全部取っ払う方を求めているわけ。

 

全部取っ払うことによって、大きな問題を解決することによって、地球全部の問題も解決することによって、自分の問題もなくなる。

自分のちょっと暗いのを照すだけじゃだめだと。

 

Q. 阪神大震災に遭われた方も受講しに来られたと。

 

A. セミナーを一、二回受けに来られた。これは手ごわいぞと。

 

Q. 佐藤先生が手ごわいとかあまり言わないので。

 

A. つかみどころがないという点で。単に自分の問題ではないわけです。

 

憎める、恨められるというのは、まだいいわけです。対象物があるから。

 

憎める、恨められるというのは、その裏に、愛があるし、愛を求めているから。

 

いきなり震災で、全部倒れて、いきなり死んじゃったっていうのは、憎む相手がいないわけです。

 

家族が皆流されたとか。天災を恨んでもしょうがないわけです。

だから、解決策は見つからないわけです。

 

Q.2 だから、わからないとなってしまう?

 

A. そう。わからないとなってしまう。

 

でも、それもこれも含めた地球規模なんです。

 

戦争もそうだし、震災もそうだし、津波も、全部そうです。放射能も全部そうだし。

 

それも、地球という人類全部に入っているわけです。

それの中に自分もいるわけ。

 

A. 今、私が話したこと、どう思いますか?

 

Q. 号泣

 

A. 今度から面談のときは、対面じゃなくて、私と横ならびがいいでしょう。

同じ景色が見れるように。

 

よーくわかった。私、やりますよ。

 

Q.2 うまく言葉では伝えられませんが、野澤さんにも良くって、佐藤先生にも良いということですよね。

 

A. もちろんです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。