地球の性格の一部が、世の中の出来事に現れている

  • 2018年07月31日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は8月3日(金)です。

 

橘.殺人を起こした人も?

 

佐藤康行.それ三日月だから。そういう事実はないんです。真我は神だから。

 

橘.亡くなった時点で終わっているんですか?

 

佐藤康行.亡くなっていないんです。

 

皆、生きているんです。亡くなってないし、罪はないし、問題はないわけ。

 

現実はないんです。

 

あると認めたらチューニングできないわけ。

 

あると認めたら、心の中でリストラが起きちゃう。

 

それが今までの間違い。

 

だから、救えないわけ。

 

宗教をやると、いろいろ問題が起きるのは、そこなの。差別心なの。

 

橘.差別心がなくなたら、ご先祖様にチューニングできるんですか?

 

佐藤康行.真我しかないから、差別心がなくなるわけ。

 

橘.真我を開発するから、ご先祖様にチューニングできる?

 

佐藤康行.それもピンとこないね。もともと真我そのもので待っている。

 

そこにチューニングできる。

 

真我に縁があった人が合わせられる。だって、皆、真我だから。

 

橘.私の中の勝手なイメージで、佐藤先生と地球の根本原因が対峙して、黒々しているものが光になると思っていました。

 

佐藤康行.光になるというのも、あえて言うなら正しくない。

光そのものしかないから。

 

だから、光になるじゃないんです。

 

光になるとは、人間から見た世界なの。カルマから見た世界なの。

 

存在しないものから、見えないじゃない。

 

三日月の形から、満月を見れないじゃない。

 

三日月はこの脳の中の世界で、月ではないから。

 

橘.地球の根本原因もない?

 

佐藤康行.ない。ないから、瞬時にして消える。

 

橘.それは、佐藤先生がない、とわかっているから消えるんですか?

 

佐藤康行.わからなくてもないわけ。

 

橘.では、地球の根本原因の神鏡もない?

 

佐藤康行.ない。全部、方便。

 

橘.そうでしたか。そのことに焦点を合わせていたんですが。

 

佐藤康行.全部、方便。すべて、すべて、方便。

 

橘.全部、方便なんですが、北朝鮮とかいろいろドラマがあって、徐々に調和の方向にいっているのかなとか、そういう風に見えるんですが。

 

佐藤康行.私には、最初から、仲良いなとしか見えないわけ。

 

彼らも動かされているわけ。

 

役割として。地球上の性格の一部なの。

 

地球という性格があるでしょ。それの一部が出ているわけ。

 

橘.演じさせられている元って何なのでしょうか?

 

佐藤康行.彼らも含めて、先祖がいるでしょ。演じさせられているわけ。

 

佐藤康行.皆、同じなんだけど、私の講演会などで、一番苦しい、手を差しのべてくる方がいるわけ。

 

その方が手を差しのべてきたときに、その方と、その方につながる先祖、全部、救われる。象徴なわけ。

 

それが、原爆なのか、津波なのか、そこにやったときに、全部救われる。

 

だから、私、無意識だけど、そういう場で、一番苦しい人を当てているね。

 

質問者.グレーの三日月でも、真っ黒い三日月でも、三日月は三日月だから、皆、消えてしまう?

 

佐藤康行.そう。一番わかりやすい。クリニックもやっているのは、そう。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。