大宇宙から観たら、底のない、誰も見たことない世界?

  • 2015年08月03日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.佐藤康行が、ある意味、実相そのもののところに没入したり、

切っ先の先に立つというのは、佐藤康行のいう百パーセント出すというのと、イコール?

 

A. 関係ある。

 

Q.イコールかどうかはわからないっていうことですかね。

 

A. だって、自分がいったことない世界だから。いったことない世界だからこうだとは。

だから、前提という言葉をよく使うのはそういうことです。

 

Q.行ったことない世界っていうのは、切っ先の先にいったことないってことでいいですか。

 

A. 切っ先の先っていったって、高さがあるじゃないですか。いろんな。

だから、実相を知ったときの切っ先と、そうじゃない認識だけの切っ先は違うわけ。

実相を知ったときの切っ先は、実相っていうのはこの宇宙の、それで例えたなら、宇宙のすべて、地球だって、丸い一つの中の、小さい山にしかすぎないわけ。

その宇宙のすべてのすべてが、実相だとしたら、その中の山っていうのは認識なわけ。

どこまでいっても大宇宙から観たら、まさにさっき前の部分に書いた、底のない世界。

誰も見たことがない世界。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。