太陽は見えないけど、常にあるという前提


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は3月6日㈫です。
Q.満月しか、神ていないということについて、聞きたいんですが。

 

A. 太陽があるでしょ。雲があるでしょ。

大雨で土砂降りで、こちらからは太陽が見えないじゃないですか。

 

でも、太陽がないとは言わないでしょ。太陽は同じなわけ。

 

太陽はいつも、煌煌と輝いているわけ。それは間違いないでしょ。

 

もっと言うなら、今日は悪い天気って言うけど、その太陽があって、地上にある、海の水だとかを、全部、蒸気として上げて雲になるわけ。

 

それが雨になって、まんべんなく、皆を潤していく。

そして、川になり、海になり、また雲があって。

 

それを全部やっているのは、太陽の仕業なわけ。

 

だから、全部、太陽と言ってもいいじゃないですか。

 

Q.今の例えのお話でも、佐藤先生は、太陽だけ見ていると

 

A. そうそう。

 

Q.満月だけ見ている、太陽だけ見ている、宇宙の法則を神ているということになりますか?

 

A. そう。

 

Q.宇宙の法則は、目には見えないわけなんだから、存在なんだというふうに、佐藤先生が、居るということなんでしょうか?

満月だけを神ているということ自体が、どんな状態なのか、わからないんです。

 

A. みているんじゃなくて、真ん丸であることには、間違いないでしょ。

 

Q.はい。

 

A. みているというよりも、そうなんです。月は真ん丸なんです。それに反論はないでしょ。

 

三日月か、真ん丸か、どちらが本当の月ですかって言ったら、どうやって言います?

 

Q.真ん丸、満月のほう。

 

A. そうでしょ。でしょ。どっちが本当の月の姿なのかって言ったら?

 

Q.満月のほう。

 

A. 満月のほうって言っていて、三日月を中心にしているのは、おかしいじゃないですか?

 

Q.確かにそうですね。

 

A. 正しくないじゃないですか。

 

Q.そうお伺いしていても、皆が大調和で、仲良くなっているほうが満月なんだって思ってしまうんです。

 

A. そうじゃない。

 

Q.その奥のほうの満月、真実のほうを神ているってどういうことかなと。

 

A. みているんじゃない、そうだという前提です。

 

雲の上に常に太陽が輝いている。

 

見えないけれども、常にあるという前提です。

 

その前提のほうが正しいでしょ。

 

Q.そうですね。

 

A. 地球は自転しながら、公転しているって。

動いているのは、わからないけど、動いている前提でいるでしょ。そういうこと。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。