崖から落ちそうになったとき、真我につかまれば助かる?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は8月20日㈯です!

 

Q.佐藤康行が書く図の中に、偽我の自分の後ろに真我があって、相手も偽我と真我があるものがありますが、

自分が相手の真我が見えたときに、初めて、相手の神が反射して、自分の神が出てくる?

 

A.見えることはないんです。

真我そのものですから。

 

真我として相手にすればいいだけで。

だから、偽我そのものはないから。

偽我だから、偽はないんです。

 

だから、お月さん、満月しか相手にしない。

この偽我は三日月なんです。

三日月を相手にしない。

 

三日月を、きれいだな、いいな、とやっていると三日月がくっきり、自分の脳に浮いてくるだけです。

お月さんってどんな方って後から聞かれたら、きっと三日月の形を描くでしょう。

 

お月さんは真ん丸です。

 

Q.紙に向かって、完璧、神だという前提で書いているときに、極致の認識が出ると、

私は「はっー」となるんですね。

 

言葉の表現で合っているかわからないんですが、相手の神が見えたと。

 

A.見えたと言ってもいいかもしれませんね。

自分の中の認識で見えたと。

 

Q.そうだったのか、という驚きと感動と喜びとというような。

以前このことを伺ったときに、真我が開いたから、極致の認識を連れてきたと。

 

真我開発講座で、極致の認識に気づいているんじゃないですか?

と質問したときに、真我が極致の認識を連れてきたんだと。

 

A.その通りです。

 

Q.そのときは、相手の真我と自分の真我が反射し合うと考えていいですか?

 

A.偽我が消えていく段階ですよと。

 

Q.相手の偽我、自分が相手の三日月と思っているところまで含めて、自分なんでしょうか?

 

A.偽我だから、自分じゃないんです。

 

Q.偽我の自分なんでしょうか?

 

A.偽我のね。

偽我の自分。

自分の思い込んでいる自分。

 

Q.相手の嫌なところだと気になっているところもひっくるめて、自分の偽我になっているんでしょうか?

 

A.真我はいつでも真我。偽我はあくまでも、この脳の中で思っているのが偽我。

真我はすべてのすべて。

 

Q.相手はこんな人と思っている部分も含めて、自分の偽我と思っていいですか?

 

A.それでいいんじゃないですか。

真我対真我になったときに、この偽我は消えていく。

 

Q.真我対真我になって、全部真我になるのは、今のところ真我開発がそれをやっていると。

 

A.真我開発ではそれをやっています。

味わえるか、味わえないかはその人次第というところはありますね。

 

Q.その人次第は、受講姿勢と…

 

A.あるね。状況、環境。

死ぬほど苦しかったら、一生懸命やるでしょ。

 

今、崖から落ちそうで死ぬとなって、これにつかまったら助かると。

それがはっきりわかったら、命がけでつかむでしょ。

 

それが真我だと思ったらいい。

 

崖から落ちそうなら、命がけじゃないですか。

 

Q.真剣度合が

 

A.真剣度合はいろいろあるけど、そういう人が真剣であろうと捉えているんです。

真剣にならざるを得ない環境だと。

 

Q.ガンで余命を宣告されていたり、崖から落ちそうなほど深刻な状況な方はその環境だと。

 

A.そういうことです。

 

Q.頭で考えやすい人、ロジカルな人は時間かかるとかありますか?

 

A.かかるね。時間かかるというより、頭の中での答えを出すから、本当の答えじゃないわけ。

頭を越している答えがあるわけ。

 

あくまでも、頭の中の答えは、頭の中に入っているものでしか考えられないわけ。

 

Q.頭から出た答えなのか、そうじゃないのか佐藤康行はすぐわかると思うのですが、

本人はわからない可能性があるのかなと。

 

A.あるね。

 

Q.それはしょうがないのでしょうか?

 

A.しょうがないね。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。