幻覚も三日月も、正しく見ていないという点で同じ?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は8月10日㈭です。

 

Q2.確認なんですが、今日の集まった会の主旨を。

声をかけていただいて、飛んできたんですけど、どういう方々が集まって?(三輪さん)

 

Q3.受講繰り返してきてて(野澤さん)

 

A. 要するに、過去世からのものを、三輪さんもそうだと思うけど、凄まじい不調和の心みたいなのが。

 

それが自分を苦しめているでしょ。

 

そういう問題の背負っている人をなるべく、というような感じだったね。

 

心の中にあるおばけを解決しましょうということでしょ。よろしいですか?

 

だったら、そこをターゲットに。ここからスタートなんですよ。

 

そういうおばけみたいな心があるとするでしょ。

 

それも三日月だと思ったらいい。

 

ただ、月を見て、三日月に見える。

 

お月様は本当は満月なのに、真ん丸なのに、三日月にしか見えない。

 

でも、これは、太陽の光が当たった分だけ、目の中に入って、この脳の中の姿の月なわけ。

 

月の実相じゃないわけ。

 

自分の目に捉えた、この脳の中の世界。

 

脳の中の世界だから、この肉眼も、脳の中の物語だから。

 

ってことは、統合失調症とか、幻聴とか、変なものが見えるとか、脳の中で変形して見える。

 

誰が見ても、こういう形に見えるんだけど、自分にはこんな形に見えちゃった。

 

でも、お月さんこんな形していないんだから。

 

だから、三日月に見えている人も、勾玉みたいに見えている人も、変わらんとも言える。

 

正しく見ていないという部分では変わらないわけ。でしょ。

 

ほとんどの人が三日月に見えているだけで、勾玉みたいに見えているだけなんです。

 

そういうのを、病名つけて、統合失調症と。

 

うつ病だったら、これがどんより暗く見えちゃって、本当は三日月なんだけど、どんよりくもって。

 

サングラスかけたみたいに。

 

心の中のサングラスとか、歪んだ眼鏡だと。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。