心の学校の真骨頂は、在るの世界

  • 2018年05月05日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は5月8日㈬です。
A. 私たちの認識する世界と、認識できない世界があるの。

 

物事を知る世界っていうのがある。知るってことは、理論的に知るってことなの。

 

これ、頭の世界なの。知らないことは答えられない。知っていることは答えられる。でしょ。

 

でも、その知っている内容は、誰かから聞いた話なわけ。

それは、本当に確かめたことではないわけ。

 

知る世界っていうのは、学問。

 

信じる世界とは、宗教。

信じるものは救われるって。

 

信じることで怖いのは、盲目になりやすい。

 

有るは、テーブルもある、椅子もある、時計もある、全部有るよね?

この目で見て、全部、有るという。

 

それと、色即是空、無い。

 

それはまさに、量子力学の世界でいくと、これ全部、同じようになっちゃうわけ。

 

素粒子の視点でいくと、人間も、物質も、全部、同じものになっちゃうわけ。無い。

 

それで、心の学校でやってる真骨頂。在る。

存在の在。

 

これが、まさに、真我であり、神であり。

無いけど在る。

 

すべて、神の愛としてひとつの世界として在る。

 

うちの場合は、真我に目覚めさせることによって、有るの世界を、自由自在に変えちゃうことができる。

 

パラレルワールドってね、今この同じ世界にいろんな世界が展開している。

 

まあ、テレビでいうなら、八チャンネルも、六チャンネルも、四チャンネルも全部この場にあるわけ。

 

チャンネルさえ合わせれば、その番組見れる。

 

視点によって、全然、違う世界が見れる。

 

エレベーターで五十階建てだったら、全部違う景色が見れる。

 

三階で見る景色と、五十階で見る景色。まあ、そういう世界。

 

Q.では、量子力学的に見たら、パラレルワールドもない?

 

A. 量子力学の究極までいくと、すべてが無いでしょうね。

 

素粒子にさらにむこうにあるでしょうから。

 

解明できないけど。

 

素粒子、光子、フォトン、ニュートリノでストップしているんです。

 

そっからさきは。それをさらに何億分の一のミクロの世界にできるはずなんです。

 

そしたら、どうなるんです?最後は、エネルギー体や波動体とか。そういうふうに言うしかない。

 

エネルギーは何なのか。携帯電話が通じるのは、ここで、何かが通過している。だから、電話が通じる。

 

何が通過しているのか、てね。それをさらにミクロにしていったらどうなるかってね。

 

人間の研究はどこまでいっても、そこまでなの、素粒子的には。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。