時間も次元も無いものだから、自由自在にできる


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は4月5日㈭です。
Q.クリニックに来ている方の例ですと、周りの環境の協力と、

本人がクリニックに来て改善する部分と両方あるから、

家族もご本人も、両方取り組んだほうがいいと。

 

佐藤先生が関わった症例の改善率が上がっているということは、

また、そこの部分も変わってくるんでしょうか?

 

例えば、ご本人と家族の割合が二割で、佐藤先生の影響が八割とか。

日常生活の環境の影響も受けづらくらるとか?

 

A. やっぱり、何だかの影響を、人間は受けるでしょうね。

 

ここで、わ~っと煙が上がってきたら、影響受けるでしょ。

 

火事になったら影響うけるでしょ。影響を受けるんです。

 

Q.環境に、影響受けないっていうことはないですもんね。

 

Q.2 時計がおかしくなることについて、佐藤先生に質問をしたら、

次元が上がると、時計のスピードの次元と、ここの次元とが違うからだよっておっしゃっていて。

 

A. 時間が違うんだよね。

 

だから、ビデオの早回しみたいに、時計が早く回るでしょ、そういう感じ。

 

夢を見ているときのスピードと、現実のスピードが違うでしょ。そういう感じ

 

現実のゆっくり動いているのと、夢って、パパッて早いでしょもうちょっと。

 

だから、スピードが違う。

 

でも、両方とも、脳の作用なの。同じなんです、現実も、夢も。

 

この、脳の中の物語である。ただ、スピードが違う。

 

Q.夢のほうが早いんですかね?

 

A. 早いかどうか。スピードが違うっていう意味です。

早いとか遅いとかじゃなくて。

 

トラウマも何十年も前のことを今、思いだして、今、影響受けているでしょ。

 

何十年の前のを、今っていうことは、かなりのスローペースです。

 

Q.かなりのスローペースですねっていうのは、過去の何十年も前の出来事を、

今もありありとお話される場合は?

 

A. 何十年もかかって、今に現わしているってことは、すごいスローじゃないですか。

 

Q.そういうことなんですね。

 

A. 今、何か言われたことで、怒ったとしたら、今のわずかな時間ですけど、

 

何十年前に、親にされたことや、言われたこととかを、今も思っているっていうのは、

 

何十年前からずっとつながっているということです。

 

Q.時計がおかしくなったりするのは、次元が変わるからですか?

 

A. そうね、時間と次元だろうね。

 

地球で立っている人と、宇宙から地球を見ているのと、世の中の流れは、同然違うでしょ。

 

同じなんだけど、違うでしょ。脳の中では。

 

今、目の前に歩いている人を見ているのと、宇宙から地球で歩いている人を見ているのと、違うでしょ。そういう感じ。

 

Q.過去のトラウマが今にありありとあるということは、そこの次元でずっといるということですか?

 

A. ずっと、そこの人生になっているわけ。

 

Q.佐藤先生は、時間と次元のないところのお話をされているから、どう思ったらいいですか?

 

A. だから、自由自在にできるっていうことです。

 

次元も自由自在にできるし、時間も自由自在にできる。

 

なぜならば、時間も次元もない世界だから。

 

ないものは自由にできるわけ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。