満月前提で捉える修行?孤独は真我を実感したい非常ベル?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は11月26日㈰です。

 

Q2.神通力、テレパシー、超能力、満月回峰など、

セミナ―の頭文字がいろいろあるんですが、違いはありますか?

 

A. 基本は、同じ。神が通じる力。

 

神が通じる力というのは、満月があるでしょ。

三日月を見るでしょ。

 

三日月を見たら、三日月が固定化されるわけ。

でも満月なわけ、真ん丸なわけ。

 

そうしたら、三日月が消える。

これが神通力なの。

 

そして、そのまんま、向こうの満月を見て、相手に伝えたときに、これが真我のテレパシー。

ピッと。

 

そして、満月がこちらに同じように映ってきて、大満月同士になるわけ。

 

そして、今まで起きたことがないことが起きるわけ。

認識の世界でね。

それが、超能力なわけ。

 

真我の超能力。

 

全部、それで、できるわけ。

すべて、神が通じる力。

 

これが、満月の大調和なわけ。

 

Q2.回峰って修行のようなことらしいですが、なぜ回峰?

 

A. 百日回峰、千日回峰をもじってやっている。

普通、今までは修行のようなことをやったでしょ。

 

でも、修行じゃないんですよ。

 

真ん丸ということを完全にそのような前提で捉えるようになる。

あえて修行って言ったら、それが修行です。

 

すべて、満月で捉えられるようになる。

 

Q2.それが修行ですね。

 

A. そう。

 

Q2.孤独について質問です。

ある本に、人間は巨大なマンモスを一人で獲れなかったために、群れなければならなかったから、群れから離れたときに、孤独を感じるようになっている、と書いてありました。

 

どうも、生き延びるために、孤独は必要だったと書いていたんです。

 

A. 孤独では、生きていけない可能性があるから、孤独感を感じるようになっている。

それは、恐怖感と同じで、必要なわけです。

 

孤独感があることによって、人の大切さがわかってくるわけ。

 

孤独でって皆言っていたけど、あれは仲間がほしいんですと、愛する人が欲しいんですと言っている。

 

Q2.心が通じ合っていない関係だったかもしれませんが、誰かと一緒にいても孤独だって言っていましたね。

 

A. それは、真我、満月で全部、解決できるわけ。

人込みの中でも孤独、心が通じ合えなったら孤独なわけです。

 

だから、人がいるかいないか、関係ないわけです。

満月だと、人がいようがいまいが、全部、孤独じゃなくなる。

 

山の中で一人でも、蝉の鳴き声、鳥の鳴き声、全部、皆にぎやかで、孤独じゃないわけ。

 

Q2.勉強会のときに、皆、孤独がキーワードに上がったのは、何ででしょう?

 

A. 今、現代社会の、物があふれ、金があふれ、社会に人があふれ、科学や、インターネットや、いろんなものがあふれている。

でも、孤独だと。

 

彼らは、そんなことじゃないよと言っている。

 

家庭があっても孤独ということもあるわけ。

 

職場に人がいっぱいいても孤独なわけ。

 

孤独感は恐怖感と同じで、そのままじゃ危険ですよということを、信号を鳴らしているわけ。

 

Q2.そうですね。孤独、キツイんですよね。

 

A. 孤独じゃなくて、皆、愛するようになれば、孤独は消える。

皆、愛する力、真我を求めているだけなの。

 

真我を実感したいって言っているのよ、あれは。

そしたら、孤独は、その場から消えるわけ。

 

Q2.先ほど、野澤さんも言っていましたが、蓋がとれるまで…

 

A. 蓋なんかないんです。それを固定化しちゃっているから。

 

それを薄くしたり、厚くしたりしている。

 

それは三日月だから、それを細くしたり、太くしたりしているのと同じで、まったくナンセンスなの。

 

あえて、私は、比喩で言っているだけなの。あくまでも比喩。

 

三日月は見えますよねっていう比喩なわけ。

比喩だけど、あなたに見えるでしょって。

 

あなたの心の中にマンホールの蓋のようなもの、ありますよねって。比喩で言っている。

 

あくまでも、そこを開けるっていうとわかりやすいじゃないですか。

 

Q2.わかりやすいです。

 

A. ないものでも、三日月は見えるから、あっちを見てくださいって、指を指すことはできるわけ。

そういう感じ。

 

Q2.苦しい方が、それがとれるきっかけになればいいなと思って。

 

A. 今、私が言ったことを、その方たちに伝えてください。

 

私の通訳になってもらえたら、こんなうれしいことはない。

 

私まで通訳やっちゃうと。私はいくところまでいったほうがいいわけ。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。