生老病死、愛別離苦を超越したといっても段階の世界?

  • 2015年11月13日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.真我を追究するのに、すべて追い求めないとなると…。

 

A.何のためかってあるでしょ。

 

この世の中の、釈迦がいった、生老病死。

 

あれを解決したいじゃないですか。でしょ。

 

あれは、全部、偽我の世界なんです。

 

釈迦のいった、生老病死、愛別離苦。

あれをなんとかしようというのは、偽我を何とかしようとしている。

 

あれは、解決したでしょ。

生きる喜びを味わいたいね、老いるのを超越したいよね。

 

病気も、できたらないほうがいいね。

 

死も超越したいよね。

 

愛する人と別れることの悲しも、超越したいよね。

 

Q.はい。

 

A.だから、それでいいわけ。

 

Q.そのためには、真我なんだというのはわかるんですが。

 

アセンションも追い求めない、レベルを追い求めない、体感も追い求めないって伺うと、

このままでいいのかな、と思ってしまうのですが。

 

A.だから、生老病死、愛別離苦。完全にそれを超越して抜けたい。

 

それは、悪いことではないわけ。超越したいでしょ。

 

Q.もちろんです。でも、それは段階の世界なんでしょね。

 

A.そうです。いくら超越したといっても、段階の世界。そういうことです。

 

人間の脳の中で、脳そのものを、どこまでいっても作れないでしょ。

 

脳に近いようなロボットは作れるけど、脳そのものは作れないよね。

それと同じだと思ったらいい。

 

脳に近いものに近づくことはできるけど、

人間のもって生まれた脳そのものの、同じレベルはいかない。

 

百年後も、二百年後も。これからも。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。