目覚めたことによって、一瞬にポンと変わって光源になった?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は6月5日㈰です!

 

 

Q.臨死体験をすると、光に遭遇そるというエピソードもあるようですが、

光そのものになったときは、どのような感じだったのでしょうか?

 

A.光に遭遇したというよりも、自分という光に遭遇したというならばいいです。

 

Q.自分という光に遭遇した(驚)

向こうからきたわけではないんですよね。

 

A.本当の自分にであったということ。

向こうからきたものに反射しあって、自分からも出てくる、同じです。

 

Q.佐藤康行にも、光はきたんですか?

 

A.きたというよりも、目覚めたらピントが合うね。

 

目覚めたことによって、一瞬にポンと変わって、光源になったわけ。

 

Q.トンネルを通り抜けるような体験は?

人生を回顧するとか。

 

A.記憶という映像をみたんじゃないんですか。

 

Q.この世のものではない、天国のような世界に遭遇する。

 

A.その人はそれに遭遇したんじゃないですか。

 

Q.佐藤康行には、それは見えなかったんですね。

 

A.私の遭遇した、体験したものを考えると、あまり意味のないものに感じます。

そういう天国は。

なんか、そんな感じがします。

 

Q.肉体の臨死体験も経験されているので、どうかなと。

 

A.肉体の臨死体験のほうが、全然楽だった。

全然、見ての通りですよ。

 

あれから十年たつけど(倒れられてから)なんにも変らないですよ、皆さんと。

 

Q.臨死体験の後、肉体に戻ろうと意識しなくても戻れたというエピソードも。

 

A.そういう物理的なものじゃないんです。

三次元的な感覚で。

 

その方がそう感じたからいいんですけど、そういうものとは、全然レベルが違う世界。

 

自分から出たとかさ、肉体と霊体をわけて、すごく原始的に感じるんです。

 

私には、二階の窓から飛び降りたけど、また上がってきたというレベルにしか聞こえないんです。

 

二階からと飛び降りて、ケガなかったかって。

二階に上がってきたよって。

そう、上がってきたから上がってきたんじゃないって。

そういう感じ。

 

Q.肉体の臨死体験がですね。

 

A.そう。そういう風にしか聞こえない。

 

Q.肉体の臨死体験も興味ある方が多いと思ったので。

 

A.いいんじゃないですか、入門編で。

 

Q.私は肉体の臨死体験もしかことがないので。

 

A.佐藤康行には、肉体の臨死体験の話では、無理だということです。

 

Q.存在そのもののことことを、愛、神、普遍意識などと表現しているものもあって、

視覚的には光、体感的には愛、これが一体になったもの。

 

言葉に表すのは難しいが確かにあると。

この表現はいかがですか?

 

A.私を理解するために、一般の人から私に結びつける通訳になるんじゃないですか。

いきなりハードルが高すぎるとすごさがわからないから。

 

ハードルを飛んでない人は、高いも低いもないわけです。

飛んでみて初めてわかるわけ。

 

あのハードルは高くて飛べないから、飛んだ人がすごいと思うじゃないですか。

そういう感じです。

 

私は真我で百五十冊近く、書籍も出しているわけ。

出発が違うわけ。

 

他の皆さんは最終到達地点においているでしょ。

 

私はそこから出発なわけ。一番最初なんです。

 

Q.日本には、八百万の神の思想、万物に神が宿っているんだという思想があって、

日本人はそういうことを受け入れやすいというのは?

 

A.宿っているというと、どうしても自分が主体になっているね。

 

万物は神そのものだと。

自分を含めた、生きとし生けるものは、神の顕れであると。

 

神が宿っているって言ったら、お母さんのお腹の中に、赤ちゃんが宿っているって言うでしょ。

お母さんも、お腹の赤ちゃんも命そのものなわけ。同じなわけ。

 

Q.今、佐藤康行が言っていることを、わかりやすくするために、そういう表現はあるですかね。

 

A.そう思ったら、いいんじゃないですか。

だから、最初は周りからの違和感がありましたど、今まで日本で続けてこれたのはそういうこともあると思います。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。