相手を見て感じることは、相手の実体ではない

  • 2019年04月18日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は4月21日(日)です。

 

 

橘.相対をひとつに受けとる、というのがoneの世界なのかと。

 

佐藤康行.両方とも、愛なの。

 

全部、愛。そこを、対比するんじゃなくて、すべてが愛。

 

愛以外のものはない。

 

橘.迷わされるのは、佐藤先生の、愛にしか神えないという目が、まだ神えていないから迷うんですね。

 

佐藤康行.その通り。

 

橘.現象面に惑わされるなと。応用編で、講師の方に現象面をどうやって見ているんですかって質問したんです。

大前提として、その現象面はない、自分の心が映ってるだけで、ない、神の命しかないと。

その現象面に、何で自分の心が波立つかのかにスポットを当てるというニュアンスの答えで。

 

佐藤康行.こうやってね、橘さんと私が居るでしょ。

 

相対と捉えることもできますね。

 

でも、もっと言うと、相対じゃない。

 

橘さんから、私を見るでしょ。

 

橘さんの目を通して、飛び込んでいくじゃない。

 

と言うことは、私はここには居ないの。橘さんから見てよ。

 

なぜならば、橘さんの脳に居るわけ。

 

目つむってごらんなさい。私、消えますから。でしょ。

 

目開けてごらんなさい。

 

橘さんの五感を通して、橘さんの脳の中にある。

 

今、私が座って居るここには居ないわけ。ね。

 

だから、橘さんが思う、佐藤康行なの。

 

それは、佐藤康行の実体と違うわけ。

 

だから、鏡に正しく写ったわけじゃない。

 

橘さんの中にある鏡に写ったわけ。

 

橘.それを受け取っても、しょうがない?

 

佐藤康行.だって、違うんだから。私じゃないんだから。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。
最近の投稿