真我の情報を跳ね返す人に、届きやすいように伝える


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は5月5日㈯です。

 

Q.毎日、毎日、相手を満月で捉えるということ自体が、発信者側に立っていると思っていいですか?

 

A. そうね。そうなりたいのならば、まったく初めての人に真我を伝え続けることです。

私がその場数が多いから。

 

Q.数字を見ると、その数字を作った人の真我に届くと。

 

それは真我テレパシーが届く、届かないじゃなくて、すでに届いているとはそういうことなのかなと。

 

A. 満月の月に、真ん丸が届きますかって言っているみたいなもの。

 

Q.でも、佐藤先生が神ないと、その変化は起きないんですよね?

数字を見るという動作は、入るんですよね?

 

A. 真ん丸という前提で、あくまで認識じゃない。

 

その認識が通じたと思えばいい。

数字に現れたら。

 

月を近くで見るのと、遠くで見るのと、寸法が違うじゃない。それが数字だと思えばいい。

 

Q.それは、佐藤先生が満月で神ても、その数字には、その方の力量が影響するのですか?

 

A. あるだろうね。満月、真我を信じれない人は、まさにレンズになれないから、壁になるだろうね。

 

Q.確認なんですか、佐藤先生が満月で神ても、壁の人には届かない?

相手が手をつかんできたときに、引っ張るという話を同じなのでしょうか?

 

A. そうね。

 

Q.佐藤先生の満月鏡と、相手の向かう姿勢とフィフティー、フィフティーなのでしょうか?

 

A. 求めてくる人が、主役だろうね。

 

Q.求めてくる人が九十九.九九くらい?

 

A. 要するに、ここに八チャンネルから六チャンネル、流れているじゃない。

今、そのテレビを見る人に、どのチャンネルを見るか、百パーセントゆだねられているじゃない。でしょ。

ここ、電源入れてスイッチを入れるのに。

 

だから、百対百とも言える。

 

百流れていても、映す人が映さなければ、ゼロになるじゃない。

 

Q.そうですね。

 

A. そのチャンネルを見たら、今の悩みが全部消えるとなったら、

何とか助かりたい人は、チャンネルを見るでしょ。

 

別に関係ないって人は、見ないじゃない。

 

Q.相手が壁になっていたら、佐藤先生にも会いにこないですものね。

 

A. そう。だから、伝えることの重要性。

その人、その人を知っているのは、伝える人でしょ。

 

細やかに。それをレンズに例えている。

 

Q.その壁が消えないと。真我は全員の本質なのに、壁って強固ですね。

 

A. 強固って言っている人が一番強固。

存在しないものを強固ですねって言っているんだから。

 

Q.そうですね。真我テレパシーがいくらいっても、壁で跳ね返されるんだったらと思って。

真我のほうが本質同志だから、届きやすいのかなと思っていたので。

 

A. 届きやすいの。

 

届きやすいけど、理解しやすいように、それぞれが親しい人にやってくださいと。

 

ちゃんとやって、届かなかった人はいない。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。