真我を指し示しても、抵抗するのは自我


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は12月2日㈰です。

 

Q.一番ひっかかっているのは、仕事をしようとすると、何であんなに恐怖感が出るのか。

あれを見たとき、もう絶望ですよね、こんなのがあったのかって。

 

これじゃ、やっても、すぐくじけちゃうなって。(野澤さん)

 

A. 今度、満月吉報ワークを人にやってみたらどう?

完璧ポストと満月吉報に焦点をしぼって。相手にやる。

 

相手が本当に満月に目覚めたときに、自分の満月が出てくる。

 

簡単に言うと、野澤さんのこうやって出てくるもの、全部三日月なの。

全部、認識だから。

 

全部、自分の中に眠っている認識も含めて。全部、夢なわけ。

 

その大満月で捉えることが、夢から覚めること。

 

神に目覚めるってことは、夢から覚めるってこと。

 

だから、自分が完全に夢から覚めたときに、その奥に眠っていた夢も消すことは可能だと。

 

だだ、どれをやったときに、一番届くのか。

 

今、言っているのは、仕事をやるという、仕事という表面的なもの。

 

そのことによって、それが出てくるんだから、表面的なものを、

瞬時に消していけるように、そう、なりければいいわけ。

 

仕事をやろうとすると、苦しくなる。それは三日月なわけ。

 

でも、今、生きていて、こうやって動いているわけ。

 

Q2.野澤さん、マンツーマン真我開発講座をやっているときは、元気のように見えるんですが。(橘)

 

Q.やっているときは。でも、後から、ガクッてきますよね。

 

A. ゴミに焦点当てているわけ。

満月吉報ワークは、ゴミに焦点を当てないんですよ。

 

満月に焦点を当てる。

 

ゴミは三日月だから、消える。どこに焦点を当てるか。

 

だから、ゴミに焦点を当てちゃうから、かかっちゃうと思う。

 

そのピンポイントもゴミだから。

 

Q2.野澤さんの得意分野が、かかる原因?

 

A. そのピンポイントはあくまできっかけだから、一瞬でいいわけ。

 

それをずっとやるから、受けちゃうと思う。

 

あくまでも、満月だけに焦点を当てる。

 

太陽と雲の話でいうと、雲ばっかり見ていて、太陽がないと。

あれがいつ落ちてくるんだろうと。

 

あれを見ている間に恐怖感が出るわけ。ますます、暗い心になる。

 

どんよりした雲にばかり、ピンポイント合わしているから。

 

あくまでも、太陽にだけ焦点を合わせる。

 

太陽に焦点を合わせていったら、雲も、この太陽の営みのひとつだとわかる。

 

その焦点の当て方だと思いますよ。

どんよりした雲が相手だとして、そのどんよりした雲に焦点を当てるから、

自分も同じようなどんよりした心が出る。

 

相手の太陽にだけ焦点を当てたら、そこに焦点を当ててる自分も太陽だから、

お互いの雲が消える。わかりやすいでしょ。

 

Q2.わかりやすいです。

 

A. その位置をちょっと変えればいい、だけなの。やり方は、反対なの。

 

だから、私は完璧ポストや満月吉報ワークがいいって言っている。

焦点の当て方がまったく違いますよって。

 

Q.一番苦手なのが、完璧ポストと満月吉報ワーク。あれやると、具合悪くなる。

 

A. 長年、雲に焦点当てるクセがついている証拠でもある。

 

抵抗を示しているわけ。

 

Q2.そうなんですね。

 

A. これだけ、私と長くつきあっても、自我を優先して、抵抗しているわけ。

 

だから、万歳すれば、一番いいわけ。

 

今、そのまんま私の言ったそのままを、はい、わかりました、やってみますって。

 

一言、言って、そう受け止めればいい。

 

あっち向いてくださいって言ったときに、俺はこっち向きたいんだって言ったら。

 

俺はあっち向くと具合悪くなるんだって。

 

雲の方指さしたら、太陽は煌煌と輝いているよって。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。