真理は発見 わかろうがわかるまいが在る


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は4月8日㈰です。
Q.真理の光は普通の光よりも早い、という話があったんですよ。

光は一秒間で地球を七周半するとか。

でも真理の光はそれよりも早いと。

 

A. 早いというより、時間がないから。

 

ないから、一秒間にどこまでっていう世界ではない。

 

こっちの世界と、宇宙の果ての世界とで、同じことが起きたら。

 

距離もないでしょ。

 

Q.佐藤先生の、全部わかっちゃったという瞬間に、それがわかっちゃったんですか?

時間がないんだって。

 

A. わかろうが、わかるまいが、あるのはあるんです。

 

わかったものは、発見した、という表現がいいでしょうね。

 

だから、真理は発見なんです。

 

月は真ん丸であるということは、三日月の形だと思ったけど、

真ん丸だってわかったっていうのは、こっちの世界でしょ。

 

わかろうが、わかるまいが月は真ん丸で、大きな姿で。

 

わかったっていうのでは、ないわけです。

 

Q.満月なんですっておっしゃって、満月なんです、ということは認識は入っていないと。

 

A. 認識は入っていないというより、認識は認識だから、

月は三角で見ようが、満月で見ようが、認識は認識だから。

 

Q.満月なんですって言っているのは、事実を言っているだけ?

 

A. だから、前提って言っている。

 

Q.前提ですね。

 

A. 前提に変わる言葉、今のところ、まだないんです。

 

前提というふうに捉えたときに、すべてがそのような捉え方するから、

 

それを神えているって言ったら、地球が自転しながら、公転しているってことは、

 

いろんな意味で現れたら、地球が自転しながら、公転しているのも神ているって言ってもいいでしょ。

 

目で見えるの見えるじゃなくて。

 

真理が神える。

 

真実が神える。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。