神⑥

  • 2019年07月02日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は7月5日(金)です。

 

Q.神が人間を創ったのか

 

佐藤康行.創ったじゃなくて、すべてが神だから。

 

脳もそうだし、肉体もそうだし。全部、そう。

 

五感で、こちらから見た世界。

 

五感で捉えた部分で評価しているだけで。

 

ちょうど、星を見て、自分たちが見えた分だけ、星だと思っているのに、等しい。

 

大宇宙の星そのものと、こちら側が、それを捉えているのとの違い。

 

目をつむれば、消えるし。

 

五感がなくなれば、そういうものはなくなるし。

 

Q.じゃあ、なぜ五感があるんですか?

 

佐藤康行.神の擬態。

 

存続するために。

 

五感がなければ、存続できないから。

 

神に擬態できないから。

 

擬態だから、そのものじゃないから。

 

存続させるために、似せる。

 

どこまでいっても擬態。

 

Q.それでは、我々は何のために存続していて、何のために、擬態をしているんですか?

 

佐藤康行.何のためじゃなくて。それもこちら側から見た世界。

何のためもないわけ。

 

私たちが、消えてなくなってもいいし。

 

どちらでも、同じだと。

 

Q.神は何も考えていない?

 

佐藤康行.何も考えていなくて、私たちの五感で考えたりしているわけ。

 

有機物も考えあるとは言わないでしょ。それと同じ。

 

Q.ビックバーンは?

 

佐藤康行.ビックバーンも同じ。私たちが研究した結果、こういうものがあると捉えているだけであって。

 

神の神点でいったら、今がビックバーンかもしれない。

 

Q.肉体は死にますよね。魂は永遠と言われますが。魂と神は違うんですか?

 

佐藤康行.部分で表したのが魂であって。

 

全体は、常に、神、そのもの。

 

神は常に、全体である。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。
最近の投稿