神⑪

  • 2019年07月17日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は7月20日(土)です。

 

Q.なぜ、生きているのか、よくわからないのですが。

 

佐藤康行.わからなくても、生きている。なぜ心臓が、動いているか、わからない。

 

私たちの心臓が動いているのは、生命の働き。私たちの五感とは違う。

 

五感でも、六感でも。生命という、神の疑似体験をしている。

 

私たちは、神に似せて生きようという本能があるでしょ。

 

子どもが親に似せて生きようとしているのと同じ。

 

環境に適応するように、いろんな生物が合わせていくでしょ。

 

なぜなら、その環境で現れたものだから。

 

だから、そこに戻ろうとしている。この地球という環境に。

 

二千億もある生命体が。

 

南極でシロクマが、脂肪をつけ暖かいように。

 

南極の環境に似せるでしょ。合わせるということ。

 

それを似せるという言葉で表現している。

 

環境に適合というより、その環境から生まれたんだから、適合という言葉も正しくない。

 

私たちから見たら、そういう適合しているように見える。その環境が、最もいい、環境なの。

 

だから、私は、太陽に生命体が居てもおかしくないと思っている。

 

なぜなら、その環境が一番いい、生命体が居てもおかしくない。

 

私の神の捉え方は、科学的でしょ。

 

人間が思う科学じゃないよ。

 

自分の都合の良いように捉えないという意味です。

 

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。