神界の世界は、パラレルワールドじゃない?

  • 2016年04月12日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

 

ブログは毎日、朝(7時37分)にUPします。

 

Q.過去は自由に変えられるということと、パラレルワールドの関係は?

 

A.要するに、今ここに私たちがいるけど、テレビのチャンネルが百チャンネルあって。

その番組が修羅場の番組から、天使の国の番組まで、いろいろ間にもあるわけです。

 

そのチャンネルをどこに合わせるかによって、どこでも自由に生きれるわけ。

 

すべての世界が、百チャンネルどころか、そういう世界を生きれるわけです。

 

Q.パラレルワールド以外の世界は神界だけですか?

 

A.そういうことです。

 

神界の世界はパラレルワールドじゃありません。

 

不動の世界です。

 

Q.パラレルワールドとアカシックレコードは?

 

A.アカシックレコードの記憶の録音が、鳴り響いているのパラレルワールドだと思ったらいい。

 

アカシックレコードは、宇宙の創生から今までの、すべての宇宙のものを記憶しているわけ。

 

それをテープレコーダーだと思ったら、パラレルワールドはそれが鳴りだしている姿。

 

Q.アカシックレコードが鳴りだしている姿が、何通りもあるのはなぜでしょう?

 

A.過去生きてきた、人とか物とかの状況が、何億通りもあるからです。

 

Q.そうなんですね。

 

A.そうです。例えば、私たちのことで言えば、戦国時代もありましたね。

 

そこにもいろんな意識の人が住んでしました。

 

その記憶が全部録音されています。

 

過去の縄文時代からだったら、まさにパラレルワールドなんです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。
最近の投稿