素粒子を写せるカメラがあったら、消えておかしくない


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は2月22日㈭です。

 

Q.佐藤先生は、今、医療の分野で、佐藤康行を極めることをやっていると以前伺って。

濃い黒星と対峙したときに、佐藤先生の光が増すことの原理を教えてもらいたいんですが。闇が光を際立てることについて。

 

A. あの、私たちが辛いこと、苦しいことがあったときに、当然、不幸だと感じる分だけ、実はちゃんと見たら、その分だけ幸せを感じることがある。

 

むしろ、悩みを克服したときに、幸せを感じることができる。

 

だから、悩みが闇だとしたら、光を際立たせるわけ。

そういうのってあるでしょ。

 

Q.あります。

 

A. 闇があるから、光が際立つ。

 

だから、その闇は、闇じゃないということです。

 

真理でいくと、闇も光だと。

 

Q.それと、佐藤先生の光が増すことの関係性は?

 

A. 暗いところが、あれば、あるほど、明るいところが際立ってきますよね。

 

真っ暗闇から、パッと太陽の光が出れば、まぶしいくらいの光ってあるじゃないですか。そういう感じです。

 

明るい中から、明るいところに行っても、当たり前になっていますから。

 

Q.佐藤先生が、講演会のときに、透明人間になって、服だけになっている写真があるんですが、

なぜ、講演会のときに、ああいう写真が撮れるんでしょうか?

 

A. 人間を量子力学的に見て、素粒子で考えれば、私たちはこういう形ではないですよね。

超、ミクロ世界。

超、ミクロの世界が。

 

素粒子的な部分で、写真にパチッて写れば、消えちゃって、光になるわけ。

 

消えておかしくないわけ。

 

もし、素粒子を写せれるカメラがあったとしたら。

 

Q.でも、現代のカメラに、素粒子を写せるカメラはないですよね?

 

A. カメラ側も、写されるこちら側もあるわけ。

 

こちら側が、消えちゃう、光になっちゃう瞬間があってもおかしくないわけ。

 

私たちが怒った顔になったときパチッと写したら、怒った顔が写る。

笑顔になったら、笑顔に写る。

 

写される側によって、撮る側の写真に写るものが変わるわけ。

 

Q.そうですね。講演会のときに、佐藤先生が光るのは、やはり、闇が光を際立たせる、なんですか?

 

A. 結果的に、そういう部分があるでしょうね。

 

そのカルマを、対峙して、消したときに、そうなることが多いです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。