肉体が滅びても苦しいのか?(野澤さん⑫)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は2月7日㈫です!

 

Q.前回、借金があったまま死んだら、もっと苦しむっていうのがよくわからなかったんですね。

 

魂…波の部分、認識している部分が苦しいんでいるのであれば、肉体が死んだ時点で、苦しまないはずなんじゃないかと思って。

 

A. でも、残像が残っているというのはある。

野澤さんの過去も全部消えていますよね。今はないよね。

 

でも、残像はあるでしょ、そのときの。

 

Q.記憶として。

 

A. それなんです。記憶として。

 

Q.記憶が残るから、いつまでも苦しい?

 

A. 皆、そうじゃないですか。トラウマだってそうだし、仏教の因縁だってそうだし、誰しもが皆、そうです。

 

Q.それが、生きている間はわかるんですが、死んでも苦しみが続くのかって、どうしてもわからない。
A.それは、それで説明できるんだけど、生きている人のための方便も必要なんです。

 

たとえば、死んで清算できるというなら、借金して、人にさんざん迷惑かけて、そのままポンッと死んじゃったら、今の現状の三次元の世の中は荒廃するじゃないですか。

そういう部分も含まれているんです、私の話は。

 

Q.防止の意味も。

 

A. 両面です。事実としての説明もできるけど、この三次元の人たちのためも入っているわけ。

それが、私の役割だと思っている。

 

だから、こうやって病院もやったり、発展させることもできる。

その両面が入っているからなんです。

 

Q.別に人類が滅びたって、宇宙は何も困らないと。

 

A. そうでしょ。地球がパッと無くなっても、何兆ある中の一個ですから。

 

Q.そういう中で、何で生きているのかなと、ずっと。

 

A. 何ではないわけ。何で、この星はあるのか。

何で、地球があるのかじゃなくて、あるということだけなんです。

 

人間の考える理由はないわけ。

 

何で存在するのかという発見は可能です。

 

考えることではないわけ。

考えてもわからないわけ。

 

もう、発見あるのみなの。

 

Q.2 考えと、発見の違いは何ですか?

 

A. 発見っていうのは、目をつむって、ここに何があると考えても、全部想像になるでしょ。

見たら、ああ、おしぼりあるなって、発見になるでしょ。

 

Q.考えてもわからないけど、発見…

 

A. 私が言う、満月の法則も発見なんです。

 

Q.2 えっ。そうなんですか。

 

A. ああいう言葉を発見したわけ。

 

Q.2 あ~。

 

A. 満月と三日月という。これが皆にわかりやすいんだという。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。