肉体を脱ぎ捨てると、全体とひとつになる?

  • 2016年03月08日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.死ぬということについて、肉体という衣を脱ぎ捨てて、

向こうの世界に戻っていくということでしょうか?

 

A.風船をパンッと割ったら、全体に戻るじゃないですか。

中身の空気が。

全体に戻る。

 

まあ、そういう感じだね。

 

雨が落ちて、海にポトンと落ちたら、海という全体に戻るわけ。

 

Q.それには、ちょっと肉体が邪魔なんでしょうか?

なぜ、肉体を脱ぎ捨てるのかなと。

 

A.風船が肉体だと思えばいい。

 

ポンと割ったら、中身の空気と外の空気がひとつになる。

 

その邪魔をしているのが、境目のゴム。

 

それが邪魔しているんです。

全体に戻る。

 

Q.邪魔しているんですね、戻るのに。

 

A.そういうことです。

 

コップを倒したら、水がバーと行くでしょ。

 

そしたら、全体に戻るのに、コップが邪魔しているわけ。

 

自由を束縛しているわけ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。