自分が自分を手術する?愛が素材だと殺すという判断は無に?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は4月26日㈬です!

 

Q.前回の、野澤さんの問題じゃないんです、佐藤康行の問題なんですと言った感じはどうでしょう。

そのお話のあと、よくわかった、やりますとおっしゃられていて。

 

A. 私が今手術をしている。

野澤さんが生き返るのも、死ぬのも百%私次第だとしたら、野澤さんの問題じゃないでしょ。

私の問題でしょ。

 

Q.そうですね。

 

A. ここで起きる出来事、そういう感じだと思います。

私のメスさばきで、この場で殺すことも出来るし、この場で生き返らせることも出来るし、それも何分、何秒で生き返らせる。

自由自在です。

 

この腕があれば、あるほど、一瞬のうちに生き返らせることも出来るという、捉え方。

 

もう、シュッと生き返らせる。ピッピッと。こういう感じ。

 

だから、私次第じゃないですか。

 

だって、自分では何も出来ないんだから。

ただ、横たわっているだけだから。

 

横たわっているだけで、動けない人を、その人の問題とは、言わないでしょ。

 

Q.言わないですね。まさに、手術台ですね。

佐藤先生が遠慮なく野澤さんを見つめ続けたら、野澤さんの叫び声がもっと大きくなるという予想なんですが。

 

A. どこかで、いつもブレーキがあるだろうね。

 

Q.佐藤先生が手術台に野澤さんが手術というとハテナとなるんです。

野澤さんが、佐藤先生を見るというと、それは野澤さんの問題になるのでしょうか?

 

A. スイッチが変わった瞬間に、私を手術しているんだけど、野澤が野澤を手術しているみたいになるだろうね。

 

Q.そういう意味なんですか?

 

A. 佐藤を手術しているようで、自分がどんどん治っていく。

 

Q.その臨界点は、佐藤先生が、野澤さんの底の底をいったときなんでしょうか?

 

A. 臨界点はないね。

だから、いつも、いつも、私は、この地球上に起きることは、全部私次第だと思っているんです。

 

いつも、何か、そう思っているんです。

ずーと、ずーと、三十年、そう思っているんです。

 

私のメスさばきで、生かすも殺すも出来るわけです。

だから、生かすも殺すも出来るから、優しくせざるおえないんです。

愛でやるしかないわけ。

生かすも殺すも出来るから。

 

でも、このメスは、全身が愛が素材でふるったときに、生かすことしか出来なくなるわけです。

愛が素材だから、殺すという判断は無になるわけです、ゼロになるわけ。

 

だから、そこで出る判断は、すべて、正しいわけです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。