自分のここまで、という殻を突破していく

  • 2019年03月07日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は3月10日(日)です。

 

橘.勝つことがわかったとか、見えたっていうのは、真我のゾーンより手前になるのでしょうか?

 

佐藤康行.そうね。自分のまったく持てないものを、今まで持てなかったものを、もう、持てると。

 

それで、本当に持てたりする。

 

そういうことは、ちまたでよくあること。

 

自分で持てないと思い込んでいる可能性あるわけ。

 

ノミを箱の中に入れて飼って置くと、ノミは二メートルくらい本来飛ぶのに、

 

高さ十五センチくらいの箱に入れて置いたら、箱の上にぶつかるわけ。

 

それをずーとやっている間に、しばらくして、その箱をとっても、十五センチぐらいしか、飛べなくなる。

 

動物にもそういう条件付けっていうのがあるわけ。

 

何かで一回失敗したら、また失敗するんじゃないかということが、先に浮かんでくるから。

 

そんな力も出せないし、できないと思いこんでいるものはできないわけ。

 

できなくなっちゃうわけ。

 

それが、ずっと記憶になっちゃう可能性がある。

 

それを、どっかで突破しなきゃいけない。

 

破っていかなきゃいけない。

 

ああ、破れた。

 

できたじゃないか、というふうに。

 

昔ね、象を持ち上げる人がいたの。

 

普通の人間じゃ持てない。

 

なぜ、持てるようになったかっていうと、

 

小さな小象の時から、ずっと持っていたら、大きくなっても持てるようになったとかね。

 

イネがあるでしょ。

 

二メートルぐらいあるイネを、ピョーンと飛べる人がいた。

 

小さな苗木のときから、毎日飛ぶ習慣ついてたら、大きくなったのわからないで飛べるようになった。

 

まだまだ、人間には隠れた潜在能力、いっぱいあるわけ。

 

自分でもわからない。それを開拓する喜び。

 

それを発見する喜び。

 

そしたら、それによって出る成果があります。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。