自分はこうだ、という固定化をはずせば人生は面白い

  • 2018年10月20日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は10月23日(火)です。

 

 

橘.自分の性格が一瞬でも消えたときに、病気は消えるんでしょうか?

 

佐藤康行.正しく言うなら、自我はないから、消えたように見えるのでしょうね。

 

あの人は、こんな人って。こんな人じゃないわけ。

 

その人の違う面が見えたときに、今まで思い込んでいた、その人は消えるわけ。

 

全部、自分が思っていた、こんな人、あんな人。こんな人はいない。

 

橘.自分自身を自分がこんな人だ、と見ているのも違うんですよね?

 

佐藤康行.それは、全部はずれていると思ったほうが、面白いだろうね。そのほうが、人生、面白い。

 

橘.それであれば、自己PRはどうしたらいいでしょう?面接のときなどにありますが。

 

佐藤康行.自分がこれだけの力がないけど、あると。

 

それで採用になったら、それだけの力、出せばいいだけなの。

 

そしたら、そっから、変わるじゃない。

 

それができなければ、降格はするかもしれないけど、それは、向こうの判断です。

 

今はできないけど、一ヶ月後にできるかもしれないし、いくらでも言えるじゃない。

 

それを決定、遂行ノートでやっている。

 

橘.入ってから、できないじゃないか、と言われたくなくて、ウソをついているような。

 

佐藤康行.まだ、やっていないのに、できないと言うほうが、面白くないじゃない。

 

まだ小さい能力なところを、自分はこれだけできますと大きな器にして言うと面白いし、可能性が少しは出てくるじゃない。

 

今の時点では、自分がどれだけできるか、わからないわけ。

 

わからないときに、自分はこういう人間だと言うのは、面白くないじゃない。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。