野澤さんにとって、佐藤康行はどういう存在なのか (野澤さん⑳)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は3月15日㈬です!

 

Q.2 前回の宿題は、すべて満月なんだという一点だけやってくることでした。

野澤さんからのご報告で、満月という前提がわからなくて、実践者のSさんの施設のボランティアにも行かれました。

それでも、よくわからなかったと。

 

面談前に野澤さんと話していたら、希死念慮、死にたくなる気持ちがキーワードに上がってきました。

死んだら楽になるんじゃないか、という内容でも佐藤先生に質問をした回もありました。

 

野澤さんから初めて報告してもらったのですが、光の世界のセミナー受講後、半年間、希死念慮が出てこなかったそうです。

 

A. その後に?

 

Q.90日プログラムの後に、すぐ光の世界のセミナーだったんですね。

その後、半年ぐらい希死念慮が出ていなかった。

 

A. 消えたんだね。

 

Q.2 その後PIAで講座の引き出しパートなどをやったら、受けてかかるようなことがあって、また苦しくなられたそうです。

 

Q.引き出しのときに、ひとり、声が変わった人がいて、それを思いだしたら、また希死念慮が出てきてしまって。

そのときは、今まで以上に、すごくキツくて。

 

A. かかったんじゃないですか。

 

Q.影響受けちゃうというか。すごい、きつかったんですよね。

半年くらい前の出来事なんですけど、思いだすとすごい苦しくなって。

それで無理だと思って、カウンセリングをやろうかと。

 

しかし、カウンセリングの勉強で、模擬実習をやったあとに、急に涙が出てきちゃったりして。

自分でもわからないんですが。

 

その後、あまりしゃべれないくらいに、なっちゃって。

仕事を探さなくちゃいけなくなって、以前少し経験があったのでマッサージの仕事に申し込んだんですが、思いだしたことがって。

 

以前のマッサージの仕事で、受けちゃって、きつくて、俺に合わないと思って辞めたのに、今仕事の応募に申込みして、何日か後に気がついて。

なんか、何してるんだろうなみたいな(涙)また繰り返しちゃっているのかな、みたいな(涙)。

 

あとは…【佐藤先生が野澤さんを見つめる】(野澤さんの涙、咳が激しくなり、叫び声も出る)

 

A. 野澤さん。野澤さんにとって、私、佐藤康行はどういう存在ですか?

浮かぶまま言ってください。今の次元でいいですから。

 

Q.ずっと感じていた、一番わからない。

ただ、ある意味では、あまりにも当たり前にいる。

何でそういうふうに感じるのかわからないんだけど。

 

出会えたことがすごくありがたいとか、奇跡だとか、そういうのもあるんですよ。

でもそれ以上に空気とか、あまりにも当たり前のものみたいな。

それは全然わからないんですけど。

 

A. 私に近づくと、涙が出たり、咳が出たりするでしょ。

それは何だと捉えていますか?

 

Q.わからないんですけど、ただ、講座受け始めても、全然わからないけど、軽くなる。

だから、軽くしてくれるもの。

 

それが、何というか、人間の脳では捉えられない、実在というものであれば…。

そういうものなのかなと。

それは、受講しても何となくぼやけていたものが、佐藤先生のほうが、はっきりと。

わからないのは、同じかもしれないですけど。

 

A. 本家本元だからね。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。