野澤さんの抵抗感は、本物と偽物の区別ができるから


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は7月8日㈯です!

 

A. 突然ゲストの方を呼んだけど、すみませんね。

 

Q3.すみません。ごめんなさい。

 

Q.いえいえ、今野澤さんも過渡期で、必要な流れだと思うので。

 

A. そうそう。

 

Q.野澤さんの今の状況は、希死念慮が強くなっていて。

未来内観受講で気づいたことは、お母様の希死念慮を受け継いでいると。

 

わからない部分の希死念慮もありそうみたいですが。

野澤さんの苦しみは、出たり入ったり、動いていて、振り回される感じだそうです。

 

まだ、未受講の方に、満月・三日月のお話をしたそうです。

それが前回の課題だったので。

 

でも、満月・三日月がよくわかっていないのに、人に話すことは、ものすごい抵抗があったようです。

死にたいほど、嫌なことだったようです。

 

A. だから、それは本物を知っているからです。

本物を話すと、それはイミテーションになるからです。

 

どうですか?わかりますかって言って、わかりますってうなづいた瞬間にわかっていないんです。

 

Q2.ああっ。そうだ。(野澤さん)

 

A. 野澤さんが謙虚な証拠でもあるわけ。

 

謙虚っていうのは、真我に、神に謙虚っていうか。

 

相手に何か教えること自体が、イミテーションを教えている感じがするから、嫌だと。

 

私はそう捉えます。本物と偽物の区分けがしっかりできるわけです。

 

例えば、ダイヤモンドとイミテーションあったら、こういう風に光っているんだよと言ったら、

イミテーションの方が光っているかもしれない。

 

自分もきちんと選別できないのに、人にいうことは、嫌だと。

そういう謙虚さだと私は思います。

 

Q.野澤さんのお母さんが、自分の母親に話しかけれなかったようで。

 

お婆ちゃんがお母さんへの対応が邪険だったようです。

 

希死念慮と、何をやってもダメなんだという思いが強くて、お仕事もできないそうです。

 

来月にタイに行かなければならないかなと思っているそうです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。
最近の投稿