野澤良治の問題は、佐藤康行の問題?(野澤さん㉖)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は4月2日㈰です!

 

Q.2 佐藤先生に、野澤さんが知らせに来てくれているというのは、今日わかったんですが、私の主観なんですが、野澤さんに佐藤先生が満月鏡をすると、野澤さんがそれに抵抗しているように見えるんです。

 

野澤さんが満月を受け取っていない感じがするんです。

それは、全人類の抵抗ということになりますか?

 

A. 抵抗って、野澤さんは、自分の問題じゃないと、深いところで思っている。

 

だから、私の問題だから。だから、方向性が少し違うんじゃないかという深層心理ですよ。

 

Q.2 それが抵抗でしょうか?

 

A. 私と面談している、この関係で見ると、野澤さんの問題のように見えるじゃない。

 

佐藤が、野澤さんを助ける使者みたいに見えるじゃない、どう見ても。
でも、その反対ですよと。

 

私に本当の役割に気づかせてくれたら、まさに、野澤さんが先生じゃない。

野澤さんが教えてくれている役目になるじゃない。

 

Q. 2 野澤さんは、佐藤先生に本当の仕事をしてほしくて来ている?

 

A. 目を覚まさせに来てくれているんじゃないかと。

私は、そのように受け止める。

 

Q.2 先ほど野澤さんとお話していたら、満月という前提がわからないということを何度もお話されていて。

 

A. だから、野澤さんが、佐藤を満月という前提でここに来ているわけ。無意識ですよ。

だから、地球を救うくらいのこと、簡単に出来ると。

 

だから、戦争のことやら、原発のことやら、人間の憎しみ合い、殺し合いの記憶として、その象徴である、戦争や原発が出てくる。

福島の地震や原発、天災は、皆、心のトラウマを背負って生きなきゃいけない。

 

あれを解決出来るのは、俺しかいないと思って、引っ越す寸前までいったんですよ。福島に。

 

震災が、私を目覚めさせてくれたわけ。

私しかいないと。

 

テレビを見ていて、津波が来たとき、お母さんが娘に、あっちに逃げなさいって指さした方向に逃げたら、津波にのまれてしまった。

お母さんが指さした方向で娘が死んだわけ。

 

ずっとその苦しみをもっているわけ。

 

人間心では、お母さんがずっと苦しむ。

それは真我でしか救えないと思って。

 

そのテレビを見たことで福島に行こうと。

そういう方がいっぱいいるだろうと。

 

Q.涙(震災のお話が始まった直後から)

 

Q.2 今のお話に、すでに野澤さん反応されていますね。

 

A. そう。絶対、人間じゃ救えない世界がある。

 

Q.2 苦しいですよね。

 

A. 苦しいどころじゃない、自分の娘ですよ。

 

指さしたところに行ったら、流されたんですよ。

上の柱につかまっていれば、助かったんですよ。

自分の一瞬の判断ミスで。

 

一生、その苦しみを背負って生きなければならない。

それ、どんなアドバイスでもダメなんです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。