鏡に真我しか映らなくなったらユートピアに


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は2月7日㈬です。
Q.佐藤先生はご自身の進化を感じた時に、どのような喜びがありますか?

極めるということについての質問なんですが。進化の喜びというか。

 

A. 喜びって認識だから。

 

ただ、佐藤康行が無限を証明できる喜びだろうね。

無限を証明できる喜び。

 

そして、それを、ちゃんと見えるようにできる喜びだね。

空理空論じゃなくて。

 

全部、見えるようにできるということ。

五感でも捉えられるということ。

 

Q.なるほど。無限を証明することのひとつは、例えば現象面で、

完全敗北になりそうなところで勝利したりなどありましたが。

 

A. そうね。あれは試している。私の力を。

 

Q.それイコール、無限を証明しているということになりますか?

 

A. そういうこと。それもひとつ。

 

それは軽々できるということがわかったから。寝ていても。

 

ほとんど力入れないで。

 

あれは、軽々できるということがよくわかったから。自分で。

 

Q.軽々できることから、次へ?

 

A. 地球全部も同じだと。

 

Q.地球全部も同じだとなったときに、対象物は決まっていないんですよね?何と神鏡するんですか?

 

A. 私は、今やっているのは、医療だね。

 

Q.あっ。

 

A. 医療の。

この社会の中の、ひとつの闇の中の、凝縮した部分じゃない。

 

それをやったときに、うつ病ひとつとっても、うつ病は世界に三億五千万人いる。

 

統合失調症の方入れたら、十億人、二十億人、すぐなっちゃうと思う。

 

もっと心配事や悩みを入れたら、全員だと思う。

 

ということは、全員病人だと。

 

戦争を引き起こそうとしたり。あれは全部病人なの。

 

カルマは全部、病人。

 

ゆえに、真我をやったときに、全部病人、全部カルマだから、バッと神鏡になる。

 

そして、カルマが消えちゃって、鏡には真我しか映らなくなる。

 

それが、ユートピアの世界だから。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。