魂の磨きがかかることを若さ?真我開発は縦のブレイクスルー?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は23日㈭です!

 

 

Q.若さについて聞きたいのですが、神の生命の源は若さのもとなのでしょうか?

生命力と若さの関係は?

 

A.真我は年をとらないんです。

そして魂で捉えると、年齢を重ねると、摩擦によって磨きがかかるわけ。

 

磨きがかかった状態のことを若さという。

年とともに磨きがかかる、そして若くなる。

私はそのように捉えています。

 

私は間違いなく、年とともに若返っているのがわかります、自分で。

去年よりも今年のほうが若いです。

 

Q.どんなところで、若返っていると感じられるのでしょうか?

 

A.まず、柔軟で自由自在。

希望に満ちている。

限定的な捉え方がない。

無限を自覚できる。

 

だから、いつもリフレッシュ。

年とともにフレッシュになっていっている。

 

フレッシュイコール若さじゃないですか。

 

Q.何故年々、若くなっているんでしょう?

 

A.自由自在になっているからです。

 

Q.佐藤康行はもともと自由自在じゃないですか?

 

A.そんなことないです。限定だらけだったです。

 

Q.魂の臨死体験の後は?

 

A.それはもう、一挙に自由自在になりました。

その間も自由自在の道を選んできました。

 

Q.自由自在の道を選ぶというのは、どういう道でしょうか?

自由自在の道を選ぶといっても意図的じゃないんですよね?

 

A.意識的もあります。無意識的もあります。私の場合は全部です。

 

ましてや、真我に覚醒するっていうのは、一番自由自在です。

 

これはこうであらなければいけないっていうのは、牢獄の中にいるわけです。

それをやぶったときに、観自在という世界があるわけ。

物事の捉え方が自在にできる。

これは意識的にできる。

 

もうひとつは、神自在っていうのがある。

神自在っていうのは真我に目覚めたときに、これは究極の自由なわけです。

 

人間が本当は求めている究極の自分に、愛そのものに目覚めていったら、それが一番自由なわけです。

 

Q.それは、佐藤康行しかいないと思うんですよ。

私も講座で一瞬すごい境地になりますが、日常それが継続しているかというと…。

観自在を意識的にやるために、完璧ポストのワークに向かてみたり。

 

A.私はずっと自分をやぶることの人生でした。

だから、昨日まで出来なかったことを今日やる。

それが意識的です。

 

無意識的に出来たのは魂の臨死体験をしたときです。

私は、肉体の臨死体験と、心の臨死体験と、魂の臨死体験をしているから、魂の臨死体験が一番究極です。

 

その瞬間に自由自在で、この世の中にこと全部わかっちゃったという瞬間があった。

わからないことを答えるのが一番好きだし。

もうわかっちゃったから。

 

Q.魂の臨死体験の前は、意識的に自分を突破していったと?

 

A.私は自分を破れなくて、十代、二十歳ごろのとき、しょっちゅう街歩きながら悲鳴あげていました。

わーって。

 

何でこんなことに人目を気にして出来ないんだって。

それは数知れずです。

 

自分の限定的な捉え方が嫌で。

 

Q.魂の臨死体験する前までも、意識的に相当突破していかれていたと思うんですね。

 

A.ブレイクスルーね。

ブレイクスルーは、横のブレイクスルーと、縦のブレイクスルーがある。

 

横のブレイクスルーは意識的に破っていく。

 

縦のブレイクスルーは、魂の臨死体験のときに、一気にいけた。

 

Q.縦のブレイクスルーは、魂の臨死体験をしていない人は、誰もいっていないんですね。

 

A.それを、真我開発講座で、魂の臨死体験までいかなくても、体験できるように、やっているわけです。

 

Q.程度はあると思いますが、私たちが真我開発講座を受けたら、縦のブレイクスルーになっているんですね。

 

A.そうです。ある程度は。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。