日別アーカイブ: 2015年12月12日

評価している自分も、自分じゃない? それは実体ではない?

【 佐藤康行 生の声  ありのまま そのまま 】

質問をぶつけることで、佐藤康行の生の声をお届けしています!

アンサーはすべて佐藤康行が答えています。

繰り返し読むことで、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.神に対して、おそれ多いとは?

 

私たちが神そのものであっても、創造したものには、指はさせないんだから、当たり前なんでしょうか?

 

A. 私たちの捉え方としては、当たり前です。

 

当たり前どころじゃなくて、人間界のそういう世界じゃない。

 

だって、そうなんだから。

 

Q.自分が、存在そのものなんだから。かしこむどころじゃない?

 

A. かしこむっていうのは、自分がそのように評価している。

 

評価している自分も、自分じゃないんですから。

 

私たちは、物事を捉えるとき、この五感でしか、捉えられないでしょ。

 

この目と、この耳で。

 

それは、そのものの実体ではないわけ。

 

Q.物にも意識があると書いているものもありますが、いかがでしょう?

 

A. 人間の思う意識じゃないでしょうね。

 

人間の思う、脳で考える意識じゃないでしょうね。

 

Q.確かに、意識、という言葉を聞くと、自分がイメージする意識を思ってしまうので。

 

でも、それも言葉で表さなければいけないんですよね。

 

A. それが、どこまで出来るか。