カテゴリー: 真我

命の目覚め 生きようとする神シーズ

ブログは朝(737分)にUPします。次回は10月14日(日)です。

 

 

橘.一個人で、ここで真我を追究していくと、黄金の谷の法則のお話でいうと、谷が深くなると捉えていいですか?

 

佐藤康行.あるだろうね。

 

橘.それは、どんなとき、なんでしょうか?

 

佐藤康行.命の目覚めだね。生きようという、神シーズだね。

 

目が覚めたら、考えも変わるだろうし、捉え方も深くなる。

 

橘.今、私、命がかかっているような病気にかかっていないので、生きようという神シーズがよくわからないんですが。

 

佐藤康行.生きようとする力が働くじゃないですか。

 

ひと言、ひと言とか、起きる出来事とか、全然、捉え方が変わるでしょう。

 

橘.永遠に生きたいのが、みんな欲求と。

以前、人間は無意識でも神に近づこうとして。

 

それでも、やっぱり、実際命がかかるような状況にならないと、生きようとする神シーズが出てこないのでしょうか?

 

佐藤康行.表面的なことでやっているとね。

 

人の目ばっかり気にしているのと、命がかかっているときと、違うのは想像できるでしょ。

 

橘.全然違うと思います。

 

佐藤康行.それを言っているんです。

 

橘.未来内観の講座で、そこまでいける可能性はあるんですよね。

 

佐藤康行.そうですね。