カテゴリー: 真我

敵が味方になった時に、自分の力は倍増する

ブログは朝(737分)にUPします。次回は2月17日(日)です。

 

橘.「考えるな、感じろ」という言葉の説明の時に、学長が「真我で感じる、真我でしか感じられない」と言われたことがあります。

真我で感じるということは、魂で感じると捉えていいのでしょうか。

 

佐藤康行.それのお話をします。「考えるな、感じろ」と言ったのは、ブルース・リーの映画で有名になった話です。

 

ブルース・リーが弟子にパチンと頭をはたいて、「考えるな、感じろ」という話。

 

考えると時間がかかります。

 

考えてる間にバサッとやられちゃうかもしれない。

 

でも、感じた瞬間にピッと条件反射で反応するから、相手の微妙な動きを後ろから来ても、殺気も全部分かる。

 

達人になると。向こうから敵が来てるなということも分かっちゃったり。それは感じる世界です。

 

私が真我で感じるというのと決定底的な違いは、向こうから敵が攻めてきた時に、相手をねじ伏せてやっつけて、殺気を感じてやっちゃうのか。

 

それとも、相手が来る前に全部協力者、味方にしちゃうのか。味方にする。

 

みんな愛を求めているんだという、敵が味方になった時に、自分の力は倍増します。

 

さらに味方になった時、10倍増でも100倍増でも1000倍増にも増えていきます。

 

それを感じるということです。真我を感じるというのは、そういうことです。