魂の継承、天命は神シーズ 真我の本は佐藤康行そのもの

  • 2018年07月10日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(737分)にUPします。次回は7月13日(金)です。

 

Q.魂の継承は、神シーズと捉えていいでしょうか?

 

A.そう、捉えた方がいいね。

 

Q.魂を継承してほしいというニーズがある。

 

A.一番深いところにね。地球に存続する一番深いおおもとの欲求。

 

Q.天命の発見も神シーズ?

 

A.そうね。そういうこと。天から命じられた、命を活かす。

 

Q.魂の継承は、最も一番深いところと教えていただきましたが、天命の発見はどのあたりで?

 

A.天命の発見は、そういう一番深いところからくるものと現象面が一致すること。

 

今、やっていること、生きていることが、一致するということ。

 

Q.魂の継承と天命の発見の違いは何でしょう?

 

A.例えば、魂に焦点を当てた時に、どんな事業であろうが、

どんないい家であろうが、

 

魂を継ぐということが、表面的な物を継ぐということではない。

 

Q.広島の講演会で、佐藤先生が光源になっていたと。

 

A.ああ。

 

Q.原爆で亡くなられた方が、肉体はないけれども、魂としては生きている。

そのことを知らせてくれていると。真我という文字の真ん中が光っていたと。

 

A.真我の本を百冊出そうと思っています。

 

Q.それと、以前お話にあった、バイブルとの関係は?

 

A.バイブルにもなるし、すべてになる。私そのもの。