臨死体験者との対話から引き出された神成瞑想図とマジックミラー法則

  • 2015年08月07日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.1 私は、宇宙エネルギーになって、まるで包み込んでいるかのように、すべてがはっきりとわかるという感じ。

自分は至るところに存在して、自分のすばらしさと宇宙と一つだと理解したことで病気が治りました。

 

A. あなたは病気がなくなったけど、私は心の臨死体験で、自分の創った会社のほか、諸々のすべてのものが無くなった。

 

それまでのものは、私の心がつくったものですから。心が病気をつくって、心で会社をつくってってなるわけ。

 

Q.2 心の臨死体験をして、人生二毛作、後半の佐藤康行が出てきたときに、今までの生き方ができなくなったと?

 

A. そうね。会社を手放すとき、一度躊躇して、でも、いざ手放したときは宙に浮くぐらい軽くなって。

ある意味、病気が治った瞬間のような感じ。

 

Q.1 他人に変化を求めない。すでに本来あるべき姿で、自分は存在することと自分自身でいればいい。

愛そのもので、周りのものに完璧を見出すこと。

そうすると、自分の周りにあるものは、本来あるべき姿に落ち着き、同じことが全世界に起こる。

 

A. やはり、臨死体験をした人は同じところにいくんだね。私がいます、あなたがいます、あなたには父母がいます。

 

あなたの伴侶にも父母がいます。それぞれに、父母がずーといます。代々。人類がこの地球上に誕生してからずーといます。

 

弛まぬ命のバトンを渡してきたからです。

でも、それは実相ではありません。

それは、現象の営みの世界です。

 

それが、そっくり鏡のように映して、これからあなた達人類の未来が待っています。

 

それは、過去やってきた人たちの、映し鏡のような未来が待っている。

 

だから、過去起きたことが未来に起きることは、十分ありうることなんです。

ですから、どこかでピリオドをうたなければならないんです。

 

それが、神成瞑想図の真ん中の神なんです。

横の世界の、人間のフィルムがスクリーンに現れる世界。

これが、心・あの世の世界がこの世に現れる世界。

 

それも、実はピリオドをうたなければなりません。

ピリオドをうつのは、まさにマジックミラーの法則なんです。

神しかピリオドをうてません。

 

満月を捉えれる目になったときに、三日月は消えるんです。

 

それを同じく、向こうの神を観たときに、周りは全部三日月ですから、三日月が消えて、全部満月になるんです。

 

そして、すべてが素通しになるんです。

そしたら、原因と結果もすべて消えていくだろうし、神成瞑想図の説明だけで、一冊の本になりますよ。

 

実際に私は、それをやっているのです。

そして医療や、ビジネスの現象界に顕しているんです。

 

Q.2 他のものとの違いは、医療やビジネスに顕していることでしょうか?

 

A. そうです。現象界で、まったく真我からぶれずにやっているんです。

現象界になるとぶれる可能性があるわけ。

 

例えば、薬を使ったりして、人間界の世界に流されることも考えられる。

 

満月で押し通して現実に顕している人は、私はまだ会ったことがないんです。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。