宇宙のシステム

  • 2019年10月30日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は11月3日(日)です。

 

Q.ズバリ、宇宙のシステムとは何なのでしょうか?

 

佐藤康行.宇宙の存在と言ってもいいね。

 

地球の営みも、宇宙の営みと捉えるなら、当然、男と女がいて、オスとメスがいて、

 

子孫が残って、そして親子になり、そして、ずっと残り続ける。

 

それも一つのシステムでしょ。

 

地球が太陽の周りを自転公転しているのも一つのシステムでしょ。

 

そのリズムと私たちの心臓の動くリズムは同じだということ。

 

違うものは一つもない。宇宙には。

 

根本から見ると、すべて同じだと。

 

Q.男女の存在や地球の自転公転のこと、心臓のリズムは宇宙の動きだというのはわかるのですが、

宇宙のシステムを知って生きていくというときに、具体的なことに落とせるのでしょうか?

人間がどう生きていったらいいのかなど。

 

男と女がいて、子孫を残していくとかあるとおもうんですけど。

宇宙のシステムを知ることで、どう生きたらいいかわかるかなと。

 

佐藤康行.エネルギーとかそうだよね。人類誕生以前からあるでしょ。

 

今、太陽光をどうエネルギーに変えるかを世界中で研究しているでしょ。

 

人間は、あとからそうだってね。風もそうだし、海の波もそうだし。

 

資源はもともと、地下にねむっていた。石油も石炭も天然ガスも。

 

地下にねむっていたもの。もともとねむっていたものを発見して、利用しているだけで。

 

人間は、ゼロからつくったものはないわけ。

 

人間をつくったのも人間じゃないんだから。

 

この空気だってそうだし、水だってそうだし、すべてそうでしょ。

 

地球に、二千億種類の生命体がいるって言われているけど、そのたった一つでも、人間がつくったものはないわけ。

 

 Q.ということを知るということですか?

 

佐藤康行.知らなかったら原始時代と同じじゃないですか。

 

知ることによって、それをいかに発見して活用して、活かしていくか。

 

そして、私たち人類の生活に快適にできるようにしているわけ。

 

もしかしたら、人間が発見して、活かしていないエネルギーがあるかもしれない。

 

地球が自転しながら、公転しているのも、エネルギーだとしたら、それも使えるかもしれない。

 

Q.そうであることを知ることが、人間の誠意であり、出発点?

 

佐藤康行.現実的にそうじゃない?見渡したら。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。