テレパシーではない、真我の反射が世界を救う?(野澤さん⑭)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は2月13日㈪です!

 

Q.2 味わいたいことが、まだ来ないから、野澤さんは待っているために、この苦しさを残しているんですか?

苦しいふりをしているというか…。

 

A. あの、今回ね、オバマさんが広島の原爆ドーム行って、安倍総理が真珠湾行って。

これが、あれから七十年たったことで、今はないわけです。

私たちの認識の中にあるわけ。

 

当然、あそこで亡くなった人たちの、あの世に行った人たちの認識があるわけ。

そこに行ったときに、現実に、自分が三次元で何かされたわけじゃないんだけど、何とも言えない、そういう、心がわいてくるわけ。

 

それは、その心は、同じことを繰り返さないための大事な宝なわけ。

大事なことに気づく、場面であり、時間であり。

その場所に行くということは、そういう意味があるわけ。

 

そういう物理的なものがなくても、背負っているものを感じられる、これが特殊能力なの。

私は、だから、野澤さんは特殊能力を持っていると思っている。

そこに行かなくても、それを感じる。

 

皆、そこに行って、初めて見たとき感じるわけ。

それを見なくても感じるということ。

だから、能力あるし、進んでいるっていうのは、そういうこと。

 

Q.2本当は苦しんでいないんですけど、現実的に野澤さんがお楽に感じるためには、借金返済なのでしょうか?

 

A. 私は、今回、満月の法則という本を出して、

野澤さんが自分の問題というよりも、周りの人たちを、すべて満月で捉えられるようになれば、

その満月が自分にも反射して、満月鏡でその三日月も消えていくと。

 

その深いところにあるのも消えていくと。

それを毎日レッスンで出来るわけ。

誰と出会ってもレッスンなわけ。

 

満月のレッスン、真我のレッスン。

 

自分で、自分の顔は見れないよね。

でも、相手を通じては可能なわけです。

それも、満月の鏡に映していくわけ。

 

私がこのようにやっていることを、野澤さんも出来るようになればいいわけ。

佐藤康行のそっくりを野澤さんが出来るようになれば、どんどん変化してくる。

 

Q.2借金返済は満月という前提で…。

 

A. 正しく言うなら、借金返済を一挙に出来るというのは、三日月を借金だと思ったらいい。

あくまでも、大満月を、百万満月を捉えたときに、この借金は、瞬間に消えちゃう。

野澤さんは魂で感じられる人なの。

だから、進んでいると言っている。

 

だから、私はパッと見ただけで、パッと変化するっていうのはそこなの。

言葉はいらないわけ。言葉はいらない、実は交信しているわけ。

テレパシーではないです。真我の交信。

 

Q.2真我の交信とは?

 

A. 交信という言葉は正しくないね。反射し合う。

 

A.(野澤さんを見つめる)

 

Q.(強く泣き始める)(嗚咽)

 

Q.2私が佐藤先生に話しかけても、反射は変わりませんか?

 

A. 大丈夫です。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。