三日月を探るのではなく、真ん丸を神れば自動解決

  • 2021年01月20日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は1月22日(金)です。

 

佐藤康行.たまたま今日はうつとかがんとかってなってるけど、メインは違うんですよ。

 

メインは真我の目覚めなんですよ。

 

本当の自分の天命を知る事なんです。それで、あとは勝手にそういうものが良くなってくるし、勝手に運命が変わって来るわけ。

 

それで物事の正しい判断が出来るようになってくるわけ。

 

物の見方、正しい判断が出来て、良いとか悪いとか相対的な捉え方じゃない。

 

良いとか悪いとかは、自分がそういう風な捉え方をしてるわけ。

 

ど真ん中を見なきゃ。ど真ん中というのはまん丸を見なきゃ。

 

この方もね、悪性リンパ腫が消えた方なんです。で、その方はね、私が男性ですけどね、私と最初会った時「私の人生最悪です」っていうわけ。

 

実は悪性リンパ腫、全身ガンだって言うわけ。で、実は私の親父が私が結婚した時に土地を提供してくれて「ここに住め」って。

 

そしたら親父が騙されちゃってその時をまるごと持っていかれたらしい。

 

そしたら、向こうの嫁さんの親がそこから家族追い出されたら烈火のごとく怒って大げんかになったらしい。

 

で、嫁さんとも結果的に離婚することになった。で、子どもがいたからわずかずつでも金も送ってたらしい。

 

そうしたら、あるとき奥さんがもう金を送ってこなくてもいい、顔も見たくないってシャットアウトされた。

 

ガンにはなるわ、土地は取られるわ、奥さんと離婚はするわ最悪です、って。いいですか?

 

満月の捉え方はどういう風に出来るのか。へーって。あなた素晴らしいじゃないか。あなたの家族は皆いい人じゃないか。って言ったんですよ。

 

そしたらポカーンとした。ポカーンとしてクエスチョン。

 

あなたのお父さん、例え親子でも土地まで提供してなんて良いお父さんなんだ。どこを見てるんだ。

 

そして向こうの嫁さんの両親。それは当たり前じゃない。自分のかわいい子どもや孫が追い出されたら怒るじゃない。

 

普通だよ、って言ったんです。で、あなたの嫁さん、なんていい人なんだ、と。普通ならもっと金よこせっていうんだよ。

 

その間、治療に専念出来るじゃないか。あなたの嫁さんは良い嫁さんだよ。子どももそうだね。

 

そしてあなたもいい人だよね。だって、普通なら金送ってこなくても良いっていったら喜ぶんだよ。治療に専念出来るから。

 

だけど、それが一番ショックだったって言ってるんですよ。 なんていい人なんだ。あなたを含め、家族も皆素晴らしいよ。皆まん丸だよ。

 

当然、彼は大きなクエスチョン。ポカーンとして帰りました。

 

で、また3ヶ月の命って医者からは言われてた。その時、私はね4ヶ月後か5ヶ月後にアポイントとるんです。命の橋渡しです。

 

その人とまた会おうっていって。本当に何ヶ月か後に私の所に訪ねて来ました。そして、私に抱きついて来たんです。

 

そして、きれいに無くなりましたっていうわけ。医者には半年に一回定期検診に来たら良いって言われた。

 

私もさすがにびっくりしてね。今でも全く健康でやってます。だから、その戦いの心がそういうガンを作ったりうつ病になったりする。

 

この世は全部人間関係から来てる。親子の人間関係、夫婦の人間関係、職場の人間関係、お客さまとの人間関係。

 

それで自分一人で山に籠もってても、自分との人間関係もあるんですよ。

 

三日月を、こっちの三日月になったら良いとか悪いとか。

 

月は常にまん丸で大きな球体。そこだけに焦点を当てたらあとは勝手にやってくれます。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

cd_present



【ビジネス切り口の佐藤康行講話が知りたい方へ】
佐藤康行の産業革命大辞典 1,000円
(販売:YSコンサルタント) bana-kakumei-under
佐藤康行が業界別に解説した貴重なコンサルティング映像をまとめてパッケージ化しました。限定公開中。

運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。