上司に対して、挑戦的?(上司と父親の関係③)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は1月11日㈬です!

 

Q.上司が怒鳴ることに、私が切れているんですね。

 

A.自分が切れているんです。

 

Q.は~(驚)でも、私はよく「そんな言い方しなくてもいいじゃない」と言っていますね。

 

A.そうでしょ。そんな言い方でいいんです。ほっておけばいいんです。

それを言わせないように、仕事をやるんです。

 

彼の性格を変えようとしている。

彼の性格を変えるか、自分が変わるか、どこか他の仕事先に行くか。

 

ものすごくね、橘さんは挑戦的なんです。

 

Q.上司に対してですか?

 

A.いろんなものに対して。挑戦的だから、そういうふうになるわけ。

 

Q.えっ。挑戦的?!

 

A.思いもよらないことでしょ。

 

Q.そうなんですか?

 

A.そう。でも、その挑戦的をいい方に活かしましょうと。

彼が言わんとしていること、だいたいわかるでしょ。

それをノートに書いてみたらいい。

 

それを片っ端からやったらどう?言われる前に。

 

Q.そうですね。

 

A.汚いって言われる前に、綺麗にして。

そしたら、汚いって言えなくなるじゃない。でしょ。

 

遅いって言われる前に、スピードをもってやったら。

早いんだから、もう遅いとは言えなくなるわけ。

 

そうこうしている間に、橘さんがいなくてはならない存在になるわけ。

彼にとっては。やってみる気ない?

 

Q.やってみます。

 

A.一回、書いてごらん。何に対して怒鳴っていたのかって。

一回、書いて、冷静に見てみたら。

 

たぶん変なことは言っていないと思いますよ。

社会が、今、そういうことをパワハラだとかで片づけちゃう。

それじゃ、ダメなんですよ。

 

パワハラって言えば、もうわかんなくなる。

ただ怒鳴る人、ただわめく人、ただ言葉の暴力を発する人。

 

本当はね、後輩が、そんなこと言ってはダメなんですよ。

 

Q.切れちゃ、どうとか?

 

A.本来は。

 

Q.そうですね。

 

A.自分が、相手に、そういうふうに言わせているのに。

 

Q.切れさせている。

 

A.そうです。だから、社会自体がドンドン、変なほうにいっているんです。

言わせないような仕事ぶりしてみたらいいじゃないですか。いかかでしょうか。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。