上司を通じて、お父さんと和解する?(上司と父親の関係⑤)


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は1月17日㈫です!

 

Q.水子さんのテーマで、だいぶ父との関係は解消したと思っていたのですが、まだありますね。

父に挑戦的。

 

A.自分が、お父さんに、水子にされたと、どこか思っているでしょ。

 

Q.思ってますね。

 

A.そうでしょ。だから、同じなんです。代理戦争。

 

Q.水子さんのテーマをやったんで、父の一番怖いところを扱ったと思っていたんですが。

 

A.だとしたら、その見えるところからやったときに、その上司を通じて、お父さんと和解をする。仲直りする。

 

その上司と仲直りすることが、お父さんと仲直りすること。

 

したがって、お父さんの罪が消える。

 

したがって、自分の水子意識も消える。

 

そうすると、すべてが変わっていく。

 

Q.上司と和解するのが、父との和解でいいんですね。

 

A.いいんです。まず、そのへんから、やりましょう。

仕事で和解する。

 

仕事が出来る人間になって、和解する。

これが、一番いいです。

 

Q.なるほど。仕事関係の和解が、親子関係の和解になるんですね。
A.なっていく、なっていく。

橘さんの場合、間違いなくなっていく。

 

Q.そうなんですね。

 

A.普通はみんな、分離して考えるけど、本来、全部、過去の記憶で動いているんですよ、みな人間は。

性格がそうなんだから。

 

性格そのものが、過去の積み重ねなんだから。

 

Q.まず、やってみて。

 

A.やってみよう。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。