佐藤康行が、なぜ神から見る発想にいきついたのか?


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は6月10日㈯です!

 

Q.美唄に講演会に行かれたときと、満月ミリオンが始まったときに、佐藤先生が、このへんから大きく流れが変わる。

私の中で、ですよ。

そしたら、全部が変わっていくと思っているんです、と発言されていまして。

 

A. すべて、世界で起きていることは、認識の世界なんです。

 

例えば、七十億人いたら、全部認識が違うんです。

七十億通りの、物事の捉え方。

 

認識に大きい、小さいはないんです。

小さいっていうのは、一センチ単位を認識する心と、地球全部を認識する心は同じです。

 

労力はいらない。

 

リーダーが世界を動かすとしたら、トランプさんが大統領になって、いろんな世界情勢も変わってきましたよね。

でも、彼は、一人の人間にすぎない。

たまたま、社会に認知されているリーダーになったから、すごい人だと思っているけど、そんなことはないんです。

 

本当は、人間の作った認定証で決まるわけじゃない。

 

本当は、宇宙全体のこと、地球全体のことは、法則の中で決定している。

 

最も正しい法則の捉え方ができる人が、リーダーなわけ。

 

Q.法則の捉え方…

 

A. 認識です。

最も正しく判断できる人が。

 

認める、認めらないは関係ないんです。

 

天動説と地動説みたいに。コペルニクス、たった一人の人間の発見で、天動説は覆った。

皆、地動説を唱えるようになった。

 

それと同じく、社会の人皆が、認定するものではないわけ。

 

ゆえに、私は満月の法則を捉えた。

 

お月様は常に真ん丸で、三日月の形ではないわけ。

お月様は常に真ん丸なわけ。

それが、真理の捉え方なの。

 

だから、真理の捉え方が正しくできる人がリーダー。

 

ゆえに、私は、最初からそういう役割だと思ってやっていますし、今も、まったく変わらない。

 

一番最初に、発見して、発表する。

 

絶対変わらない事実を、捉えたということによって、社会の人たちが、ああ、そうなんだなと認識してくる。

 

それで大きく変わってくる。

 

天動説から、地動説に変わったように、理解し始めてくる。

 

そのことによって、変わってくる世界である。

 

Q.周りの人が認識し始めてくるというのは、ああそうだなと思ったんですが、ハッとしたのは、宇宙の法則を正しく捉えられる人がリーダーなんだと。

そして、認識ですと。

 

佐藤先生も認識ですか?

 

A. どこまでいっても、認識です。私も、認識なんです。

 

どこまでいっても、真理を認識で捉えることは、どんな人にも不可能なんです。

 

真実の姿、実相を正しく捉えることはできないんです。

人間には無理なんです。

 

だから、お月様は真ん丸だと。

目で見える百万倍の大きさがあるんだという、前提にする。

 

それを、そのまんま、人々に置き換える。

 

皆、真ん丸で満月なんだという前提でいく。

 

そうすると、その心が開発されるし、その脳が開発される。

 

それは、宇宙飛行士が、宇宙から地球を眺めたときに、地球は真ん丸で、皆ひとつだったと。

皆、同じ領土の中に住んでいるんだ。

それは事実ですよね。

 

政治家たち、リーダーたちが宇宙に行って、宇宙から地球を見ながら、地球で、これから私たちが長く存続し続けるためには、どうしたらいいだろうと。

 

そういうリーダーたちが、宇宙から地球を見て、そういう会議をやったらどうなるだろうと。

 

出てくる発想が全部変わってくると思います。

 

そういう心が最初から自分たちの中にあるわけ。

あるけど、宇宙から地球を見るというチャンスはないし、自分から物事を見てしまう。

それが、戦いの素になっていくわけ。

 

だから、全体から個を捉えていくと。

個から全体を見るのではなくて。

 

Q.佐藤先生が、魂の臨死体験をしたときの、わかった、も認識ですか?

 

A. 認識なの。

 

Q.一度、亡くなられても認識?

 

A. 認識。

 

本当の真実は人間にはわかることができないということが、わかったわけ。

 

Q.そのときに。

 

A. そのときに。

世界中にわかっている人はいないと。

 

そのことを、はっきりわかったという事実があるわけ。

もちろん、その中に自分も含まれています。

 

人間には、本当の真実、真理がわからないと。

 

この五感で、認識できることできないということがわかった。

だから、神から見る。

人間から神を見るんじゃない。

 

神から人類を見る、地球を見る。

 

じゃ、それができるのかどうか。

 

それが、可能だということもわかったわけ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。