佐藤康行が唯一やってみたいことに、大変なものが隠されている?

  • 2015年08月06日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

【 佐藤康行との対話ブログを読むときの注意点です 】

真理、実相は具体的ではないので、抽象的なこと、わからないことをやっています。

しかし、毎日読んでいると、知らないうちに自分の認識が変化してきます。

もちろん、すばらしくです。

具体的なことは、営業やお金、クリニックの本で、電子書籍もいれると150冊著しています。

ブログは毎日、朝(7時3分)・昼(12時37分)・夕方(17時37分)、3回UPしています!

 

Q.佐藤康行の中ではわかっているんだけど、私たちには捉えきれない。

佐藤康行は今まで、切っ先の先から下を観たものを、書物に著していると。

切っ先の先から上を観たものは…。

 

A. あまり著していない。

 

Q.それは、佐藤康行の内観でしょうか?捉えられないものなので。

 

A. それを、私が目の黒いうちに、どれだけ出していくかに尽きるわけです。

それは、いつに、どうしてやろう、ああしてやろうはないわけです。

コペルニクスが仮に生きていたとするでしょ。地球は自転しながら、公転していると捉えて、今、時空を越して今ここにいて。

コペルニクスが宇宙のロケットにおいて、反対から観てちゃんとこの目で観察したときに、自分の中にある自分と、外部から観たのと同じになるわけ。

そのとき、大変な感激すると思いますよ。

 

Q.佐藤康行がそれをどれだけ残すかってことは。それを観た人が感じる世界が…。

 

A. そう。それをやるだけ、やってみたい。何か、そこには、大変なものが隠されていると捉えている。

大変、すごいことであり、すばらしいものが隠されている。極致の認識が広がっていって、それを逆にすると、広い受皿になって、黄金の雨がより全体に降ってくるから、黄金の雨をキャッチできるじゃないですか。

実相は、自分が認めようが認めまいが、在る。全部、実相なんです。

仏教の言葉で、諸法実相って言葉があるじゃないですか。どこをとっても、実相なんです。前後、円周すべてが。

それを、全部捉えられれば、黄金の雨が降る。

 

Q.それぞれの切っ先の先、極致の認識に気づくことを私たちはしているんでしょうか?

 

A. 気づくことをしているっていうより、皆、すべての次元に立っているわけ。私だけとか、特定の人だけじゃなくて。

ただ、自分でいったことないだけなの。ほとんどの人が。エベレストの一番上に。

エベレストの頂上は今もあるでしょ。ただ、上がったことないだけでしょ。ただ、それだけです。

上がったときに味わう気分だって、想像できないでしょ。

でも、否定できないこともあるわけです。そこに上がったときに、そこから観える範疇は見渡せると。それは、誰も反対できないでしょ。

邪魔なものがなくて、宇宙がより広く見渡せる。それも事実でしょ。ある程度、それは想像できるし、前提におくことは可能なんです。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。