佐藤康行が揺らがない、下がらないことでなぜ変化する?

  • 2015年04月09日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

Q.同じ現象を見ても、感じるものが人それぞれ違うということですね。

 

A.ここを、どう伝えるかだね。

ここまで追究したんだから、その、カルマ鏡で終わっちゃったら、

佐藤康行のここで、学んでいる意味がなくなっちゃう。

その辺の心理学の鏡の法則になっちゃう。

でも、そこで留めておくのはいいんですよ。

ここでやっていることを落としてから伝えると、全然違いますから。

ちょっと余裕が出来ますから。グッと。ちょっとじゃない、大いなる余裕が出来る。

私が、全部、即興で答えられるのは、そこがあるから。

何でも即興、どんな人が来ても、すぐ究極があるから。

その一番の真我の部分を、やってく。

最近ね、○○さんは一発でアルコール依存症が治ったんです。こうやって話しているだけで。

△△さんも、薬を止めないと死ぬかもしれないと。

それがどんどん減っていって、夫婦仲も良くなり、全部ワーッとユートピアになろうとしている。

会話しているだけで。もう、驚くよ。なぜなのかというとね、私はその究極をおさえていくから

私は絶対揺るがないんです、こうやって話していても。

こうやって話しているとね、揺るがないわけです。

揺るがないっていうのは、そちら側に同調しないわけです。

なぜならば、同調しなくて、一番いいものと同調しているから。

だからね、真我の同調はしているけど、カルマの同調はしていないから。

だから、巻き込まれないわけです。ってことは、話をしていると、どうなるかっていうと

相手は変わるしか、なくなっちゃう。私は何も、そのまんま。

相手は自ら変わらざるをえなくなる。私は絶対引き下がらないから。

話しているうちに、向こうが変わらざるをえなくなる。

だって、今こうやって話していると、橘さんが変わるしかなくなる。そうでしょ。

だんだん、話していると、そうだ、そうだって。

これを、単なる議論で、そちらの意見に従うかもしれないと。

それは、もう揺らぎなんです。それは揺らぐから、迷いが出てくるわけです。

だから、この真我でいくと、迷わない、揺らがないわけ。

こちらが、一歩も下がらない。だから、そちらが変わるしかない。

だから、皆、良くなっていく。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。