佐藤康行と野澤良治との対話②


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は12月9日㈮です!

 

Q.結局、なんか、いつも堂々巡りになっていて。
A.そうね、うん。嫌なことを、もっと、もっと出してみましょう。

戦争のドキュメンタリーとか見れる?

 

Q.ええ。

 

A.見ていて、何かくることある?

 

Q.まったく、こないときと、くるときがあります。むらがありますね。

 

A.戦争をした跡地とかに行ったことある?

 

Q.はい。

 

A.原爆ドーム記念館とか。

 

Q.そういうところは行っていないですね。東京自体が跡地ですからね。大空襲の。

 

A.焼け跡みたいなところには?

 

Q.関東大震災の記念館が、安田にありますね。

 

A.そういうところに行って、感じることはないですか?

 

Q.原爆の記念館には何度か行ったことがあるんです。

感じるときと、何にも感じないときがあるんです。

 

A.感じるときは、どんなときに感じるの?

 

Q.何をどうって、やっぱり上手く言えないんですよね。

ただ、何なんだろうな…。最近だと、バンコクツアーの後で、何か所かまわったときに、永瀬隆のこととか。

 

A.永瀬隆…

 

Q.陸軍の通訳で、ヘルファイヤーパスとか、泰緬鉄道の部隊の中にいて。

 

A.私とタイに行ったときの話?

 

Q.バンコクツアーの後に、ひとりでまわったんです。
A.そのときに、その名前が出てきたわけ?

 

Q.行く先々で、永瀬隆の碑があったんです。

 

A.そのとき、どういう風になりました?

 

Q.原爆などの記念館を見るときと似た感じがあります。

 

A.苦しいとか?

 

Q.苦しいですし、言いようのない…。

 

A.どういう言葉になるだろうね。寂しいとか、むなしいとか。

 

Q.そういうのとは違いますね。ぴったりした言葉はないですね。

ただ、行ったときは感じなかったんですけど、白骨街道の終着点に行って。

あのときは、そんなに感じなったんです。

でも、最近になって思い出すと、似たような気持ちになりますね。

 

A.思い出すだけで?

 

Q.はい。

 

A.言葉にできないかね?日本語に。英語でもいいし。

 

Q.何なんでしょう。

 

A.タイ語でもいいし。

 

Q.苦しいとか、むなしいとかも違いますね。

 

A.タイ語でもない?

 

Q.タイ語でも違いますね。

 

A.そういうのない?

 

Q.逆に、言えたらもっと早く、出せたような気がします。

 

A.ちょっと、それに近い言葉を探してみましょう。苦しい、悲しい、寂しい…

 

Q.むなしい…、希薄とか。

 

A.希薄ね。自分の力が及ばない悲しさっていうか。

自分ではどうにもならない、悲しさ、むなしさ。

 

Q.そういうの、あるかもしれません。

 

A.対象とするものがない。

あいつが憎いとか、そういうものはないと。

だから、むなしいし。

 

自分自身が冷たい人間だ、とかっていうのはある?

そういうのはどうですか、今聞いて。俺には何にもできない、無力っていうのはどう?

 

Q.無力とか、無能とか。あと、無価値とか。そういうのは、よく出てきますよね。

希薄っていうのは、よく幻覚が出てきたときに、幻覚だって思えば思うほど、自分の存在自体が希薄になっていく。

 

A.人間の本能の中で、自分の存在価値っていうのを知りたいというか、認めたいというか。

その存在価値がまさに、なくなった感じじゃないのかね。

 

Q.確かに、そういうのはあります。

 

A.俺は何のために生きているのか。

 

Q.それは、もう。何で生きているんだろうって。それはずっと。

 

A.存在価値だね。もし、存在価値がないとしたら、財産がないということですから。

もう、借金だらけだと思っている。

もし、自分の人生で、その借金を返していくようなエネルギーでやったら、何か違うような気はしない?

 

Q.何か、贖罪みたいなものが、すごくあります。

 

A.贖罪。

 

Q.罪を償っていくみたいな。そういうのは、ずっとありました。

 

A.今、それを言ったんですけどね。借金を返すような気持ちでやると。

 

Q.ずっと、そんなことをしている気がします。ずっと返せていないような。

 

A.そうだね。返済だね。

 

Q.利子ばっかり増えていって。

 

A.そういう感じなんだね。だんだん、恐怖になってくる。恐怖は感じる?

 

Q.ずいぶん、少なくはなってはいるんですが。

 

A.借金があって、どんどん利子が増えてくると、恐怖になってくるでしょう。

 

Q.そういうの、ありましたね。

 

A.あるね。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。