佐藤康行と野澤良治との対話③


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は12月12日㈪です!

 

Q.ずいぶん、少なくはなってきましたけど。やっぱりありますね。

たぶん、お金に対する不安っていうのも、そういう部分からきてるのかもしれません。

 

A.お金は大事だからね。自分の存在価値に対する借金がどんどん増えていく一方だと。

 

Q.そんな感じがします。

 

A.返済をしたいということね。もし、毎月十万円借金が増えてくるのと、十万、十一万円ずつ返済していったら、借金減っていっているじゃないですか。そしたら、楽だと思わない?

 

Q.楽です。

 

A.そうだね。あの、いいですか。野澤さんは、私のところへこうやってきて、何の目的で来ているかわかる?私の許に。

 

Q.何しに来ているのか、わからないです。(涙)

 

A.わからない。

 

Q.ただ、少し前までは、子どものころから纏わりついていた重さが、何か、重たいものが、少しずつ軽くなってきていたから、ただ、それだけです。

それが、なぜ軽くなったのかもわかりません。
A.ここに、あるんじゃない。今の。たとえば、私が大富豪だとする。

野澤さんが、いっぱい借金を抱えて、不安で苦しんでいる。

私は大富豪だから、いくらでも、それは、野澤さんに提供できるわけ。

当然、野澤さんの中にも、そういう大富豪の部分があるんだと、わかってくる。

そのことによって、それを返済に充てていくことができたら。

私が大富豪で、野澤さんにあげたら、また私から借金したことになるから。

 

だから、そうじゃなくて、私の、この大富豪の財産が、自分の中にも同じものがあるんだと。

野澤さんの中にも。そのことに気づいて、それを、今度は返済のほうにまわしていく。

そうすれば、毎日、少しずつ借金は減っていくし、そうすると、日ごと楽になっていくじゃない。

 

Q.はっ。

 

A.返済が少なかろうが、少なくても減っていくわけ。その返済の仕方がわからなかった。

目に見えないものだと。借金もどれだけあるか、わからなかった。目に見えないから。

 

Q.そんな感じはします。

 

A.借金がどれだけあろうが、関係ないわけです。なぜならば、明らかに減っていっているから。

たとえ、借金が一億あろうとも、一万円でも返済すれば、減っていくじゃないですか。

そしたら、楽になっていくでしょ。

少しでも返しているんだから。誠意は見せているんですから。

返しているという誠意は見せているんだから。

 

その誠意のなさの自分が許せないところがあったかもしれない。

借金がどんどん膨れているのに、何もできていない。

それが無力さであり、それで、どんどん借金が増えるから、だから、贖罪の気持ちが出てくるわけ。このまんまだったら、とんでもないことになっちゃう。

 

Q.そうですね。

 

A.借金返済の人生にしようよ。こっから先は。返済の仕方、私はわかっているから。

これをわかっている人、他にはいないから。佐藤康行じゃないとダメなわけ

それも知っていたわけ。白骨街道とか見たときに、その膨大な借金を見ちゃったわけ。

だから、苦しくなるわけ。

 

知らなくて、蓋を閉じていたまでは良かったけど、その膨大な借金を見ちゃった。

見ることは、金返せっていう声が聞こえてくる感じなの。その白骨街道を通して。

それが、ますます苦しくなるわけ。俺には、どうにもならないよって。

 

Q.知らなければ良かったみたいなものが、すごくあります。

 

A.そうね。まとめて返さなくていいんです。誠意を見せればいいんです。

返す意思があればいいわけ。そのうち、その返済額が、月一万円だったのが、月百万、一千万でも、まったく労力は同じだという風になっていく。

いずれ、一括返済もどうってことなくなる可能がある。

一括返済までもっていけるように、私と会っているんです。

私は一括返済できるまでもっていく自信がありますから。

一括返済したんだけど、自分の財産は無限に残っているわけ。

そして、今度は返済の人生じゃなくて、預金の人生が待っているわけ。

 

返済から、今度は預金残高が増えていくんです。

そうすると、毎日幸せな気分になってくるでしょ。

安心な気持ちになってくる。だから、何があったらなんて知る必要はないんですよ。

それが、どういう形でその借金があったって。返す意思があればいいわけ。返していればいいわけ。

自分ひとりの借金じゃないから。先祖代々、前世の借金だから。だから、わからないわけ。

何でそんな借金があるんだと。その借金は何なんだって。

借金という形じゃないから、わかるわけがない。

わかる必要性もないわけ。

 

これから、毎日、流れを…。今のままだと、どんどん借金が増えていく感じは受ける?

 

Q.はい。

 

A.でしょ。増えるか、そのまま現状維持か。

 

Q.一時減っていたような気がしていたんですが。

 

A.これを、今度減らすんです。

 

Q.(涙)

 

A.だから、借金を減らす人生に変えましょうと。ただ、お金を貸してくれた人がいたでしょ。

で、借金が増える。その人に返さなくても、こちらに返済すると返したことになるわけ。

言っている意味はわかります?

 

だから、簡単に言うと、いろんな過去の借金がある。

借金を返済するのも、預金するのも天にする。天に返済する。

天に預金すると、天が雲と雨になって、雨が返済だとしたら、かってにお金を貸してくれた人にも返済なるわけ。

それも、あちらこちらに返済し、全然わからなくても、その雨が返済してくれる。

勝手に、水たまりもできて、預金もしてくれる。

その返済の流れが、そこにいる生命がみんな、生かされてくるわけ。いいですか。

 

なかなか自分ではピンとこないかもしれないけど、私がやっていることを、例にみられたらわかると思う。

私が何で、心のクリニックをやっているか。

何で、うつ病だとか精神的な病を相手にしてやっているのか。

そのこと自体が、天に返済している。天に預金をしていると捉えたときに、大きなそういう流れが、勝手に変わっているわけ。

 

だから、私はそれをやっているから、だから、私と同じ補償になれば、返済の仕方がわかるってことです。

人のことなら、よくわかるでしょ。

野澤さんの、普通ならつかみどころがない質問も、こうやってのってやっている。

これも返済なわけ。

 

普通、今みたいな相談を、誰にするんですか?

今の、誰が受け入れて、一緒にやってくれるんですか。

それを、本能的にわかるからです。

 

自分の膨大な借金の相談なんて、のってくれる人はいないんだと。

その人に迷惑かかるかもしれないと思っているから、誰にも相談できないわけ。

それが、私のところに来る理由でもあるわけ。

深い、深い、深層心理です。

 

何で、私が手を握って、涙が出るか。あれは、喜びの涙なんです。あんたを見捨てないよと。

大丈夫だよって。この手で握っている、これが証拠だよ。

一緒に、全部返済方法教えてあげるよって。この手を離さないから。大丈夫だから。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。