佐藤康行と野澤良治との対話⑦


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は12月24日㈯です!

 

Q2.満月を完全に顕していくというのはどう?

 

A.今は、まだ三日月としか捉えられないから、

まんまるなんだよって言ったときに、私と同じ目線になれるようにする。

 

ああそんなんですね、満月なんですね。そのように受け止めていく。

そうなったときに三日月が消えていく。

 

今、お二人で来ているでしょ。

これを全部満月で捉えているから、だから野澤さんの話が橘さんに影響を与えるし、橘さんの話が野澤さんに影響を与えるわけ。同時なんです。

同じことやっているから。

 

どっかで今まではちゃんとわからなかったけど、本能で私の許に来ているんです。

野澤さんも研究会とか橘さんはブログとか。

何らかの用事を作っているんです。

 

Q2.そうですね。そうなんです。

 

A.用事を作らないと、私のところに来ることができない、三次元的には。

その用事は何でもいいんです。

 

Q2.それはよくわかります。

 

A.用事は正直何でもいいんです。

私と一緒に借金の返済をすることなんです。

橘さんに水子がいたの?

 

Q2.母に。私の下のきょうだいがそうで、自分も中絶の可能性も。

野澤さんと同じ無力感、無価値観があったんです。

 

A.共通しているのは、自分の知らないものの借金を背負っているのが共通している。

それが二人共通していますよ。

自分の知らないところの借金を自分が背負っている。

 

Q2.重荷がいらないと思って軽くなっていたんですが。

 

A.今日から変えたほうがいいね。

 

何回も言いますが、借金を背負ったら重くなるでしょ。

でも財産が何百倍もあるって気づいたときに、その借金はどうってことないわけです。

どうにでも返せますよと。

一括返済も可能ですよと。

 

今、自分じゃできないから協力者が必要なんです。佐藤康行という。

野澤さん、顔、変わってきたよ。

 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 



~お読み頂きありがとうございます~

【佐藤康行との対話ブログ:読者限定無料プレゼント】

▼詳しくはこちらをクリック▼

cd_present



運営者プロフィール

suterutetsugaku
suterutetsugaku
「最高の人生を生きる 捨てる哲学 佐藤康行との対話」の管理人をしている橘 絹子です。
1999年4月より、医療関係の仕事の従事。
耐え難い体の痛みと人間関係に悩み、いろいろな治療やメンタルへのアプローチを試すが解決できず、人生も諦めかけていた。
そんな時、佐藤康行に出会う。
このブログを読んでいただくあなたにも、すべての難解と思われる問題に光を当てる方法があることをお伝えしたいと思います。